Archive for 10月, 2012

貴船神社

米東海岸ハリケーン接近

アメリカ東海岸にハリケーン接近。NYでも低地で暮らす人々には避難勧告が出されている。フランスでは早くも大雪。停電被害も。

週刊新潮掲示板

「週刊新潮」85頁の掲示板に出ています。占領期の京都について調査中。ご存じの方、ぜひお知らせくださいね

楽書会東京展

昨日は楽書会東京書展最終日でした。今年も臨書は副島種臣先生。

書に興味のある方は11月の京都展へお越しください。詳細はこちら→http://rakushokai.jp/?p=74

米国大統領候補ディベート

米国大統領候補のディベート、前回は喧嘩しているようで女性に不評だったが、最後の今日はどうなるか。米国ではこれまで女性はオバマ、男性はロムニー支持と報じられている。米メディアがオバマの4年間に甘いという声もある。世界を社旗主義に持っていくなら、仏オランドのように、オバマが勝つ流れかも。

不思議な空模様

昨日、気づいてしまいました。不思議な空模様、雲模様。六本木ヒルズの上空です

ハーフ&ハーフ@伊右衛門サロン

ほぼ毎年、祇園祭に室町にいるのに、千総さん1階にある「伊右衛門サロン」に入ったのは初めて。インタビューの後の一息。お茶も色々あったのだが、ついプレミアムモルツのハーフ&ハーフを注文してしまう。だって、サントリーだもの。ビールだって、ほんまもんの生なのです、と愛社精神をひきずる私。

本棚の整理

日は抜本的に本棚の整理。すでに疲れはてている。同じ本を2冊買うなんてことを、こんなにやっていたと知って、こちらもショック。あーあ。

鳥取和牛「オレイン55」@汐留

今年の春、エンジン01で鳥取を訪れ、食の宝庫であることを知った。野菜も魚も牛肉も、本当に美味。市場で買って自宅に送り、まずは魚、そして牛肉を堪能した私。周囲の友人にも鳥取の食材を強く勧めた私だが、実際、東京で流通する食材は、東北か北関東ばかり。信じてもらえなくて残念な半年だった。

ところが、このたびロイヤルパーク汐留タワー24階のレストラン「ハーモニー」で、鳥取の食材を堪能できることになり、皆さまにお知らせする次第。一人1万2千円のコース料理。内容がすごい。これまで味わったことないフォアグラと、奇跡の和牛「オレイン55」がいただけるのだ。

口に入れた途端、とろけるようなまろやかさ。鳥取和牛「オレイン55」は、オレイン酸を55%含み、年間販売頭数は350頭程度という希少な和牛。死ぬまでに一度は口にすべき牛肉だと私は思う。普通の鳥取和牛だって、とろけそうで感動したのに、オレイン55は、その何十倍も幸せになる。

取の人々が宣伝下手なのは、おくゆかしいのと、恵まれすぎて価値がわからないのの両方だと、春に訪れた折、感じた私。こんなに牛肉が美味しいのに、なぜPRしないのだろうと思っていたが、見る人は見ている。今回は「ハーモニー」のシェフが鳥取食材にこだわって実現した企画だという。

東京にいながらにして「オレイン55」がいただけるなんていう幸運は、26日金曜日まで。ほかの日々を納豆と味噌汁と質素に抑えてでも、今回の鳥取フェアに行かれることをお勧めする。ロイヤルパーク汐留タワー24階「ハーモニー」にて。

今週、京都取材で一緒だった編集者とカメラマンにも、その魅力を力説し、フェアに行くことを強く勧めてしまった。もう予約で一杯になっていたら、ごめんなさいね。

IMF・世銀総会

48年ぶりにIMFと世銀の総会が日本で開かれる。日本政府にどんなプレッシャーがかけられるか、あれこれ想定してはしてみたものの、当面わが身に降りかかる問題として、警備体制強化による不便さを忘れていた。東京と仙台のみなさん、交通規制などを前提に、余裕をもって移動しましょうね。

新潮ドキュメント賞パーティ

中間層は苦しい

BBC取材に答えるアメリカ人。金持ちはオバマに不満でロムニーを支持。中間層は誰を支持していいか悩んでいる。オバマは貧困層に手厚いが、中間層は取り残されているからだ。日本も同じ。生活保護を受けないで自分で頑張っている中間層が一番苦しい。

十六夜の月

台風一過の早朝、月がきれいだったとFBに写真を載せた人が結構いた。そうか。そうして愛でればよかったのだ、中秋の名月。

と思って東の空に目を転じれば、十六夜の月が・・・。急いで携帯で撮ったので掲載するほどでもないかもしれませんが、六本木ヒルズ込みです。