Archive for 7月, 2013

祇園祭が終わってしまいました

琉球がすり2疫神社 20130731 ★雨の中、八坂神社の疫神社では、夏越祭が行われました。これは、祇園祭に関わった人々を集めての最後の神事。茅の輪をくぐって、身を清め、無病息災を祈ります。

選挙を除けば、まるまる1か月、祇園祭一色でしたから、これで終わるかと思うと、寂しくてたまりません。17日の山鉾巡行と夜の神輿による神幸祭を過ぎてからは、あっという間でした。

写真の着物は琉球がすり。派手すぎず、見た目が涼しげで、取材に大活躍でした。帯締が着物にあったからでしょうか、17日の夜、訪れたお茶屋さんでも、お褒めにあずかったので、ますます気をよくした私でした。

神輿洗

神輿を格納庫に終うにあたり、再び神輿洗が行われた。朝、鴨川の水を汲み、清祓を経て、夜には四条大橋で神輿洗。松明の火と鴨川の水。火と水で清められた。中国四国地方で豪雨。京都でも朝は晴れていたものの夕方はしっかりと雨が降ったのだが、夜には止んだ。

これで祇園祭は大方終了。後は夏越の祓を待つだけである。

防災グッズ点検を

油断していましたが、最近、日本列島各地で地震が頻発しています。ニュージーランドや中国での大きな地震の影響を受けないといいのですが。夏休みで海にでかける方々、ご注意くださいね。都心にいる人も、防災グッズや食料備蓄の点検をしておきましょう。

環幸祭のあとで

環幸祭あと1八坂神社の境内が暗闇に包まれる中、神さまが神殿にお帰りになり、神輿3基が乗る舞台に灯りがともった。神殿で環幸祭が行われている間に雨が降り出した。

あとは鴨川の水で神輿を洗う儀式を経て、夏越祭をもって、祇園祭が終わる。1か月かけてここまで人々のエネルギーを注ぐ祇園祭があるからり、京都が守られている気がする。土地の霊も先祖たちも、喜んでいるに違いないのだ。

稼いだお金を地元に投じ、伝統を継承しようという京都人の姿勢を日本社会全体が見習うべきではないか。同じ関西でも、アメリカや中国の株式に投じて自分たちの資産だけ増やす他府県の富裕層たちとは一線を画しているように思える。

花笠巡行、そして環幸祭

祇園祭はまだまだ続きます。朝は花笠巡行。雨が心配されが、10時までには上がって、無事に巡行を終えました。

夕方からはいよいよ環幸祭。御旅所を出て政所に寄った宮本組と中御座の神輿を追って和服に着替えたのち、三条通の伊右衛門へ。まもなく宮本組が通るはず。その後に3つの神輿。すべてが八坂神社に戻るのは23時半くらい。そこで、ご神霊は神輿から神殿に遷られる。いきなり境内が暗くなって、厳かに行われる神事では心洗われる思いがするので、仕切りなおして向かいます。

参院選に思う

選挙特番、やはり池上さんは上手ですね。古館さんの突っ込みもよかった。

問題は、参議院のあり方です。参院はバックに団体を持たず、政治家以外に別の分野で食べていける人に限定すべきです。人数も報酬も半分以下にすることが前提で。選挙に落ちた衆議院議員や元知事などの受け入れ先にするのは絶対に止めさせたい。

ところで、テレビのレポートを観る限り、選挙でネットの使い方が上手だったのは、山本太郎氏と共産党の辰巳コータロー氏。プロ級の作業、お金がかかっている。後者は党から資金が出ているとして、高級車で移動していた山本氏には誰がファイナンスしたのでしょうか。彼の当選を読み解くのに大切な目線です。

「終戦のエンペラー」を受けて@「新潮45」8月号

新潮45「新潮45」8月号(pp168-179)で、映画「終戦のエンペラー」プロデューサーの奈良橋陽子さんと対談しています。

アメリカと敵対した独裁者の中で、昭和天皇の処遇だけ特別。真相は謎のままですがヒントはあります。映画は史実に基づいたフィクションですが、実際はどうたったのか。映画とあわせて読まれることをお勧めします。

無言詣

御旅所四条通の御旅所に七夜お参りすると、願い事がかなうという。あるいは、一晩に四条大橋から七回半の往復という説もある。川端康成の『古都』で描かれているのは後者の形。双子の姉妹がそれぞれ無言参りをしているところに遭遇する。

いずれの場合も、条件は誰とも口をきかないこと。これが難しい。舞妓さんなら、路上でお客さんに声をかけられてしまう。土地に知り合いの少ない私でも、マンションの入り口で誰かに会えば、やり直しなのだからドキドキだ。入るときに周りを見渡し、誰もいないとわかるとエレベータ前へ走る。幸い、中がカメラで見えるので、誰も乗っていなければ急いで上がる。誰かいれば、外にまわり、階段をかけあがらねばならない。なんだか隠し事をしているようで、不思議な感覚に陥る。

神幸祭 神輿巡行

西御座@南座西御座@石段下 (1)昨日こそが祇園祭。

午前中の山鉾巡行が終わると、いよいよ本番、神事としての祇園祭です。御神霊から遷された神輿三基のうち、西御座は錦市場の男たちが担ぎます。八坂神社を出て祇園をまわった後、四条大橋を東に少し入り、北上していきました。

これまで何度も祇園祭の季節に京都を訪れていたのに、山鉾巡行しか見てこなかった私。実はこの神輿巡行こそ、祇園祭の神髄なのです。山鉾巡行は、そのための露払いのようなもの、だそうです。

三基の神輿は氏子界隈を巡行し、最後は四条にある御旅所に迎えられます。「ほいっとー、ほいっとー」という掛け声が特徴。最初は控えめの声も、3時間後に御旅所に着くころにはものすごい迫力で、圧倒されます。

山鉾巡行

山鉾巡行先頭を行く長刀鉾は、お稚児さんが注連縄を切った後、四条通をゆっくりと巡行し始めます。斎竹に張られた注連縄は、神域と人間の領域の境、結界です。山鉾巡行は、神の使いであるお稚児さんがこの注連縄を切り落とし、神域に入るところから始まるのです。

一目、その姿を観ようとしたばかりに、御旅所(八坂神社を遥拝する出張所)の観覧席に着くのが遅れました。空いている席はあるものの入口のあたりが混んでいて、立ったまま撮影していると、宮司さんが気づいて、導いてくださいました。

山鉾巡行では、それぞれの町に潜む疫神を集め、御旅所に封じ込めるのだとか。ここでは、各山鉾の代表者が祓を受けます。結果、町が清められるわけです。

写真は御旅所からの撮影なので、太平の舞のショットは撮れませんでしたが、お稚児さん、どうしてどうして、堂々としています。太平の舞の意味は、疫病退治。新しい町を通るたびに披露し、両脇を固めるカムロたちが団扇でそれを広めるのです。

 

 

 

 

宵山ハイライト

舞妓さんに囲まれて-300x225

宵山には八坂神社周辺でお茶会が開かれます。お運びをされていた舞妓さんと写真撮影。夜は神輿に遷されたご神霊にお囃子が奉納されました。そして、明日の晴れを祈って、町を練り歩くのです。
長刀鉾@宵山2

宵宮祭、そして橋弁慶山@宵宵山

八坂神社では夜、ご神霊が神輿に遷されました。境内が突然真っ暗になって、それまで屋台を含めてにぎわっていた境内が嘘のような静けさに包まれます。月明かだけが手がかりの中、本殿から舞台の上の三基の神輿ご神霊が遷された後、いきなり灯りが点された写真が左。空には半月が輝いていました。その後、橋弁慶山にお邪魔して、牛若丸と写真撮影。

宵宮祭橋弁慶山

長刀鉾@宵宵山

女人禁制2★★ この提灯の奥に、行ってみたいですよね。

山鉾巡行の先頭を切る長刀鉾。お稚児さんや囃子方が乗る鉾の中へと続きます。女人禁制標識

長刀鉾 麒麟宵宵山には、その町会所に上げていただけるのですが、残念ながら、女子はここまで。鉾には乗れません。女人禁制なのです。

雨の宵宵宵山

紫織庵@祇園祭越後上布を着て出かけようとしたら、いきなり雷、土砂降りの雨。八幡山の清祓式を見せてもらうつもりだったのに、どうしよう。洋服に着替えても間に合わない。ならば、防水加工をしている絽の夏コートを着て出かけるしかあるまい。結果、私が到着したときには、ちょうど終わったところ。
それにしても、何だろう、この天気。いったん止んで、また大降り、その繰り返し。雨で涼くなったのに、コートを着れば、やはり汗ばんでしまう。人が少ないのは嬉しいのだが。
雨のせいで写真撮影もままならない。ご紹介できるのは、夜に訪れた紫織庵

での写真。床の間には、鉾を描いた軸と粽が飾られています。

着物は祖母の越後上布ですが、襦袢は紫織庵で買った小千谷の絽麻。もう二度と織れない、これが最後の1枚と聞いて、購入。初めて袖を通してみて、驚きました。ぜんぜん違います。まとった瞬間から、肌ざわりが。デパートで買った絽麻の襦袢地と。雨だったので、この上に絽の雨コートを着ているのに、すがすがしいんです。

雨が止んだら、若者と中学生たちで、ものすごい賑わい。明日もお休みだから、今日は夜更かし大丈夫なのよね。

思いがけず静かな宵山モード

北観音山13日夜祇園祭の宵山は原則14日から。でも、3連休が今日から始まった今年は、前倒しにした山鉾も少なくありません。ルール違反という声もある一方で、屋台も出店も無く静かで、お囃子だけが響く、艶っぽい夜となりました。雨によって清められ、過ごしやすくなったのも幸いでした。

三井家や伊藤家(松坂屋)などの有力な商家が多かった町です。一昨年までは松坂屋の幕が張られていましたが、取り壊され、現在、ホテル建設中です。三井家の跡地は病院になっています。

北観音山は「上り観音山」ともよばれ、1955年までは、後祭りの先頭をいく曳き山でした。山内に楊柳観音を安置し、その象徴として後方に大きな柳枝をだしています。巡行が終わって戻ってきたときに、この柳をもらい、粽にまきつけると、無病息災、縁起がよいようです。

 

 

社参の儀

社参の儀。13日の朝、お稚児さんは白馬にまたがり、四条通を八坂神社に向かいました。稚児係に袖を持ってもらい手を清め、神事を経て神の子になった後は、地に足をつけてはならず、「強力」の肩に乗って移動(写真最後)、もしくは、こっぽりを履いて暮らすのです。女性と接触するのも駄目。お母さんともおばあさまとも。

長刀鉾から八坂神社下祇園手水強力さん

曳初めの儀

いよいよ曳き初め落ちないでねお母様たちとおばあさま

お稚児さんは今日、いよいよ鉾に乗り込みます。動く鉾の上で舞えるかしらん。

そんな私の心配をよそに、お稚児さんは思い切り身を乗り出して「太平の舞」を舞いました。思わず「落ちないでね」と声をかけたくなるほど、ハラハラしてしまう私。稚児係がちゃんと押さえているから大丈夫なんですけどね。疫病を退治する太平の舞を、両脇のカムロたちが大きな団扇で広めるのです。この調子で四条通を富小路まで東進します。下にはお母様たちとおばあさまの姿が・・・。

西陽がまぶしい信号も避けてくれています信号を戻します富小路で引き返します。今度は西に向かって。つまりは西陽をもろに浴びるから、眩しいのです。お稚児さんもお父さまも・・・。この表情、やはり、父子は似ています。ということは、3代同じ顔。

四条通の信号は、鉾を避けられるようになっています。だから、通り過ぎると、係の人たちが元に戻します。これは、本番も同じ。

それにしても、お稚児さん、立派でしたね。これで、本番も大丈夫。名誉ある大役ですが、こんなに幼いのに暑い京都でまっとうするには体力が要りますね。

明日は神の子になります。ここからがまた、大変でございます。

神輿洗

神輿洗の前に、二間半もの巨大な松明の火で、道中を清めます。八坂神社を出て、四条大橋へ。その後で神輿が向かい、朝汲んで清祓が済んだ水で神輿を洗うのです。榊につけた水を振り掛ける形で、です。

たいまつ

神輿洗、そして鉾建て

神用水清祓京都の中心は祇園祭の行事が目白押し。鉾建て

朝、神事用水として鴨川の水を汲み上げ、清祓が行われました。夜、この水で神輿を清めるのです。

そして四条通では、長刀鉾の鉾建てが始まりました。釘を使わず、縄でつなぐ。鉾の振動にこのほうがいいと聞いています。新しい縄の匂い、気持ちよかったです。

くずきり@鍵善良房

鍵善八坂神社の帰りに、鍵善良房に寄りました。どうしても、くずきりが食べたくなって。

お店で和菓子を買うことはあっても、奥で頂いたのは初めて。くずきりは母の好物でもありました。

すぐに出てこないと思ったら、注文を受けてから作っているようなのです。鍵善の文の入った蓋つきの重箱。上段に黒蜜。下段に透明で大きな氷3つの中にくずきりが・・・。だから、冷たいのが楽しめます。ふんだんに氷を入れた贅沢さに、びっくり。もったいないから早く下げて、何かを冷やすのに使って、と言いたくなってしまいます。

原料はもちろん、吉野葛。水にも秘密がありそうです。ああ、この、つるんとした感触がたまらない。黒蜜も波照間産のものだとか。飲み干したいほど美味だけど、濃密なので断念しました。くずきり・・・こればかりは、お店に行かないと食べられません。

混んでいたので、素敵な庭を背景に撮影できる席ではないのが残念。次回、別の着物で挑戦します。右奥にあるのは、蔵です。

 

いきなり36度9分、貴船神社の水祭

京都は今日、36度9分。熱中症に注意、と言われてしまうと、エアコンをつけよう、原発も仕方ないと思考停止状態に陥るから危険だ。そんな中で電力各社の原発再稼働への前のめり、気持ち悪い。安倍総理のスピード感は歓迎だが、参議院選挙、電力会社の組織票をバックに自民が圧勝するとすれば、有権者としては複雑である。

暑さのせいもあるのだろう。夜中まで起きていたので朝は寝坊して、「あまちゃん」をも見逃した。本当は早く起きて和服着て、貴船神社の水祭りに行くつもりだったのに、えーん、出かけたるの止めようかな。いやあ、洋服でも行くべきだ。風水的には「今年は火と水に注意」の年。水の神様には感謝をささげ、日本列島を守ってもらわねば。

舞楽 水祭り9時台の地下鉄烏丸線は若い人でいっぱいだった。これまでにない人口密度の高さは、前期の試験のせいだろうか。

さて、神社では最初の献茶式こそ見逃したけれど、神事、舞楽、式包丁は拝見できた。本来、貴船は涼しいはずなのに、テントで日よけできても暑かった。いや、テントの中だからこそ蒸した、ともいえる。隣のご婦人が聞いてきた。こんなに暑いのに、生のお魚大丈夫かしら、と。式包丁@貴船神社

彼女が言うのは、神殿のまな板の上の魚のこと。目の前で、烏帽子と狩衣をつけた料理人が、まな板の上の魚に直接手を触れずに料理していたからだ。これを「式包丁」という。神社の説明によれば、魚の切り方で吉祥を表し、食用ではなく、儀式として行われたとのこと。食べないのであれば、食中毒の心配もないのである。

お茶会のチケットを持っている人にはお弁当が配られていた。私もどこかで昼食をとらねば、暑さに負けてしまう。この季節の貴船は川床料理一色。川床なら涼しいのは重々承知しているが、どの店も7千円代のコース料理しかない。なので、冷房のきいた店で、そばを食することにした。

朝シャンする時間を持たなかった私としては、鞍馬に上がって温泉で髪を洗いたいところ。だが、地上に降りて、PCチェックをしなければならない。昨日校正に手直しを入れた対談ぺージのレイアウトが出ているはずなのだ。

夕方は宮古上布に着替えて紫織庵さんに出向いた。もう二度と織れないという麻の襦袢を春に買いおいていたものを、祖母の越後上布にあわせて仕立ててもらうためである。家に食材はあったのに、つい、六角通の沖縄料理の「あーぐる」へ。宮古上布が導いたとしか思えない。オリオンの生ビールとテビチを体が欲したのだ。

この暑さに、水のありがたみが身に染みた1日だった。

 

 

 

七夕。校正チェック。

七夕の今日。ベランダの竹の木に、短冊をしたためた。対談の校正が上がってきていたので、チェックの上、編集部に返すという作業に費やした1日。夕方、着物に着替えて出かけた。

着物の縁、京都人のまなざし

いえもん3指輪でもペンダントヘッドでも、ラリマーを身に着けていると、必ず見知らぬ人に話しかけられる。この着物もなぜか、同じ現象が起きる。

三条通を歩いていたら、二人のお姉さまたち(芸妓さんではなく、主婦風)がこちらを見て何か話している。京都だから、きっと私の着方に不都合があるに違いないと怖れおののいていると、「かわいらしいね」と大きい声で話しかけてくれた。おおきに。いやあ、ほっとしたわ。

以前も東京で某料亭の女将さんに「かわいらしい着物やね、そんなん今ないからね」と言われたことがある。若々しい柄の絽の着物が減っている中、60代以上の女性には、その価値がわかるのかもしれない。これは洗い張りした状態で箪笥にあったもの。

安倍総理1他方、京都人は男たちも着物にうるさい。「祇園祭が始まったら、毎日、着物やろ」と言ったのは祇園の旦那衆の一人。なるほどと思って、写真撮影が大変な取材以外は和服を着ているのだが、汗をかくので、襦袢を毎日洗いたくなるのだ。 正確には襟のつけかえが面倒なので、襦袢ごと洗えるのが便利。今年は絹でも洗える襦袢を新調したくらいだ。

午後、街を歩いていて遊説の気配にそちらに行ってみると、市役所前に黒山の人だかり。目的は安倍総理。地元の候補者ではないようだ。暑さのあまり御池通りにある店に入りアイスコーヒーを飲んでいると「絽の着物は暑いやろ」と隣の中年男性が話しかけてきた。スタッフの札を下げていたから、地元の党関係者らしい。

もちろん、さらっとした肌触りの上布のほうが涼しいに決まっている。でも、前の晩に着たから、麻の襦袢は洗濯してしまった。今日は晴れていないのをいいことに、絽の襦袢を纏い、絽の着物を選んだのだが、こういう突っ込みをする京都の男はん、どないなん。せっかくお姉さんたちがほめてくれはったのに。やっぱり京都人は厳しおす。

ところで、この季節はつい生ビールを欲してしまう。まだ明るくても夕刻になれば、伊右衛門カフェでプレミアムモルツのハーフ&ハーフを飲みたい衝動を抑えきれなくなる。最近はPCコーナーがあるので、「おひとりさま」でも気楽に入れるのがうれしい。

ビール片手にPC検索をしていたら、突然、雨が降ってきた。天気予報を見たら、18時以降は40%になっている。途中で変更したのだろうか。いつもは曇りでも小さな折り畳み傘を持ち歩いてくるくせに、置いてきてしまった、今日に限って・・・。あーあ、ユーミンのDESTINYの気分。大粒の雨だし、着物だし、濡れるわけにはいかない身。幸いPC待ち客はいないので、食事を追加注文して、雨が止むのを待つことにした。

 

吉符入の儀

吉符入の儀3吉符入の儀@四条三代の顔吉符入とは、各鉾町ごとに行われる神事始めのこと。祭神をお祀りして、祭りの無事を祈願します。それ以外の打ち合わせや、囃子方の練習など。

1日にデビューしたお稚児さんは、2日間の稽古を経て、この日、神事の後、初めて稚児舞を長刀鉾の役員の前で披露しました。

2回で無事合格が出ると、今度は四条通で待つ一般の人々の前で披露。山鉾巡行のときには、これを長刀鉾に乗って、披露することになります。

お稚児さんの後ろには後見?のような人がいて、しっかり支えています。だから、町会所の2階からこんなに身を乗り出しても、大丈夫なのです。

背後では、笛や太鼓など、囃子方が演奏していました。当日も鉾の中で演奏する面々です。

お稚児さんの冠は、蝶トンボの冠と呼ぶそうです。クジャクの羽根はトンボの羽根を表すのだとか。

後ろに立っているお父さんとお爺さんがあまりにそっくりで、お孫さんも将来、同じ顔になるのかなあ、などとカメラ越しに思った私です。

お千度の儀

お千度の儀祇園祭は7月1日から始まります。四条通はもう祭一色。提灯2

八坂神社ではお稚児さんのデビュー。本殿を千度まわります。本当は三回ですが。お供の数を入れて、千回とみなすらしい。

両脇をかためるのは、父と祖父。素手で手をつなぐことは許されず、白い布を通して結ばれているのをご確認いただけるでしょうか。白塗りも神さまだから透明なのだとか。歌舞伎役者とは違うのだそうです。

提灯お千度の儀2

夏越の祓

人形水面

風そよぐ ならの小川の 夕暮れは
            みそぎぞ夏のしるしなりける

この歌に詠まれた「みそぎ」が上賀茂神社で行われました。

神官が人形を1枚1枚ならの小川に流し、火と水によって穢れを落としていくという神事です。