Archive for 6月, 2014

聖ペトロ聖パウロ

聖ペトロ 聖ペトロ ガウン

法王の祝福

窓の法王1 窓の法王2

ローマ法王によるミサに参列

大聖堂ミサIMG_0558

インフィオラータ完成

完成品

インフィオラータ制作現場2

花びら 制作中

インフィオラータ制作現場1

花を刻む乙女たち 花を刻む人々

インフィオラータ制作開始

制作開始

サンピエトロ寺院

寺院2 寺院3

警護兵1

母を訪ねて膝栗毛

昨夜より、ようやく食欲が出てきました。木曜日午後に「いきなり」発熱。悪寒、頭痛、眩暈、扁桃腺の腫れ。暑いか寒いかわからず、文章も書けず、ネット検索さえ出来ず、朦朧としたまま翌朝、主治医のところへ。2日にわたる点滴を経て、大阪松竹劇場へ。「母を訪ねて膝栗毛」を観るためです。

病をおしてまで出向いたのは、奥田瑛二さんと坂東巳之助さんが出演されているから。役者さんに取って頂いたゴールド席を空けるのは失礼なので、這ってでも劇場に向かうつもりでした。春の新橋演舞場を見そびれ、大阪公演を狙ったものの、座長の藤山直美さん人気は、大阪では絶大で、チケットを手に入れるのは容易ではなかったのでした。

テレビのバラエティ番組を面白いと感じない私も、中村勘三郎さんの歌舞伎では随分笑わせてもらっていました。最近、笑っていないなあと思っていた矢先ーー。

体調不良で反応鈍いながら、笑いました。幼いころ、祖母に御園座で見せてもらった藤山寛美の強烈さには及ばないけれど、喜劇、新派、歌舞伎からの豪華キャストによる、アドリブ・オン・パレードは、ごった煮風ながら、満腹感がありました。新橋演舞場のときとはアドリブの質も違ってきているはず、と思って奥田さんに確認したら、「全然違う。自分にエネルギーがないと負けてしまう」とのこと。いつか、その違いについてじっくり訊いてみたいものです。

中村獅童さんも先輩と共演する歌舞伎と違って自由で伸びやかで、花道から出てくる奥田瑛二さんの侍姿も美しく、今後は役者として時代劇もありと思ったほど。にわか練習の殺陣も様になっていて、しかし息を切らしたのも事実。その言い訳アドリブも会場では受けていました。

坂東巳之助さんは私の周囲にいらしたお姉さま方に評判で「銀二役は誰?」「面白かったね」と騒いでいるので、「三津五郎さんの息子さんです」と思わず教えてしまった私です。最近、踊りも上手になったし、個性ではお父さまより鮮明で弾けるかも。必殺仕事人のようなキャラが立つ時代劇もいけそうな勢いでした。

辛かったのは水谷八重子さん、その日は調子悪かったのかなあ。太られて、動きも鈍い。舞台女優は、玉三郎さんのように、ストイックに体型管理しないと駄目な気がする。

知り合いが出演していなかったら見過ごしたであろう舞台。エンターテインメントとして楽しめました。少し元気が出てきて、でも、いい気になって動き回ると、ぶり返しそうで、東京への予定は諦め、渡航準備に専念した日曜日でした。

上賀茂神社 仮遷宮

蛍狩り@上賀茂神社

京都駅から、上賀茂神社に直行。社務所に用事があったからなのだが、境内の中に入れていただき、蛍を鑑賞した。

空の★が降ってきたかのよう。天の川を漂うようでした。先日の松ヶ崎疎水とは違って、人がほとんどいない境内での蛍狩り。ならの小川の水音のみの静寂の中、木々の合間を縦横無尽に飛び交う蛍に、またまた幸せな気持ちになりました。

マッカーサー道路 from 虎ノ門ヒルズ

IMG_0412出来立ての「虎ノ門ヒルズ」内ホテル「アンダース東京」52階、「ルーフトップバー」へ。窓際に椅子席もあるが、真ん中はカウンターだったり、スタンディングだったりする。空港のラウンジをセンスよくした感じだ。開店当初は食事なし。お酒だけなので回転が早い。

窓から見下ろせば、そこにマッカーサー道路(写真まん中)。右手にはレインボーブリッジが拝める。月が2つあるのは、照明がガラスに映っているため。雨あがりのこの日は「望月」。ユーミン流に言えば「14番目の月」。

長野地ビールの生が美味。でも、おなか空いたあぁ。何か食べたぁい。そこで、間もなく建て替えられるホテルオークラのバーへ。でも、本館ではなく、いつもの別館に行ってしまった。オールドパーの水割りで落ち着く。最後はいつものクロックムッシューで締めた。

戦後69年。マッカーサー道路は、ようやく開通したのだった。そういえば、マッカーサーが暮らしたアメリカ大使館は、この近くにある。

 

 

蜷川有紀絵画展「薔薇の旅人」

昨日は、蜷川有紀絵画展「薔薇の旅人」@渋谷東急BUNKAMURA GALLERYへ。

年68枚のペースで描かれていたとか。その創作エネルギーに脱帽です。大作も何点かあり、圧倒されます。どうぞ会場にて、ご自分の目で確かめて下さい。今月15日まで。15時ー18時、「生」有紀さんに会えます。

京都で蛍狩り

京都は、町中で蛍狩が楽しめるの、ご存知でしたか

夕方から雹まじりの土砂降り。雨を覚悟して一時帰宅、和服から洋服に着替えていたものの、レインブーツを履いていなかった私は、思わずタクシーに乗車。18時から北大路にあるお宅に伺い、20時過ぎには雨が上がったので、松ヶ崎疎水へ連れて行って頂きました。

葉っぱの陰で雨宿りをしていたらしく、最初は光のみ。やがて、ひとつ、ふたーつ、みっつ、水面にも光が・・・。ほんわり、ほんわり、いい感じ。住宅街の静けさの中、とーっても幸せな時間を過ごすことができました。

8年ほど前、新潟で見て以来。その前は、ワシントンDCでした。最初は我が目を疑ったほど。だって、飛ぶスピードが早いんです、ワシントンの蛍は。種類が違うんですよね、きっと。

わたせせいぞうの世界展@京都伊勢丹

The 40th Anniversary
わたせせいぞうの世界展
~ハートカクテルからアンを抱きしめて~
わたせせいぞうの世界展

に行って来ました。サイン会の時間帯には、どうしてもはずせない用事があったので、夕方、一人で静かに鑑賞。会場の外で流されているインタビューを見るだけでも、幸せになります。わたせさんの製作の裏話だけでなく、お人柄もにじみ出ていて。22日までですので、ぜひ。

 

http://www.digistyle-kyoto.com/event/tenrankai/eki_watase.html

宝鏡寺、貴船祭、出雲神楽

IMG_03076月の声に、絽の着物で出かけても良さそうなのだが、夕方に貴船神社で出雲神楽を観ると決めていた今日は、撮影体制の服を選択。神事にジーパンは抵抗があり、黒いイッセイのロング・ワンピです。

まずは宝鏡寺に伺い、人形供養をお願いに。実家にあった博多人形をガラスから出して飾っていたら、落ちて割れてしまったのでした。ごめんなさい。

貴船祭、前半は昨年、朝一から拝見。寒くて寒くて(おそらく途中から雨だったと思う)、風邪をひいてしまいそうで夕方まで耐えられず、昼過ぎに洛中へと戻ったのでした。今年は後半の出雲神楽@奥宮とお旅所から環られるところを追いかけようと、16時前に到着。

洛中の暑さに比して、涼しすぎる貴船神社。最初はひんやり気持ちよくても、次第に涼しさが辛くなってくるもの。無事に本殿に神さまを遷されるところまで見届けたら、あらあらバスはもう走っておらず。仕方ない。タクシーを奮発して、国際会館駅から烏丸線で帰ったのでした。昼間は36度だった洛中も、夜は涼しい。すぐにお風呂に入らなかったから、風邪を引きそうな気配。

写真は、ヤマタノオロチを退治した後のスサノオ。肩にある頭にご注目。ほかの写真は後から追加しますね。