Archive for 7月, 2015

疫神社の夏越祭

IMG_2664ちのわ祇園祭最終日は疫神社の夏越祭。

まずはお稚児さんはじめ関係者が茅の輪をくぐって、疫神社に無病息災を祈ります。その後、一般の人々が参拝。茅草を持ち帰り、小さな茅の輪をつくり、玄関にかざります。「蘇民将来の子孫也」と書いて。

稚児もちIMG_2666南門にある二軒茶屋で稚児団子を食べました。氷を浮かべた抹茶とともに。社参の儀の際、神の使いとなったお稚児さんが、中村楼でこれを食するのです。それにちなんでの、このメニューも、祇園祭最終日の本日まで。

神輿洗

IMG_2461松明火の粉大きな松明で道を清めた後、宮本組に先導された小さな松明と神輿が四条大橋にやってきます。朝、鴨川の水を汲んで祓った水を榊によって振り掛け、清められるのです。火と水によって祓われるのは、神道の基本です。

IMG_2480宮本組
IMG_2516松明みこし

山鉾巡行後祭

IMG_1150山鉾@烏丸御池 SatokoAKIO祇園祭の真骨頂は、神輿渡御。昨日はお旅所にいらした素戔嗚尊とその家族が、氏子地域をまわり、八坂神社にお帰りになる日。

露払いの山鉾巡行から追いかけると丸一日を費やし、今日は疲れ果てて放心状態。
写真は朝、烏丸御池でスタートを待つ後祭の山鉾たち。この後、御池通りを東に向かって進みます。

後祭、宵宵宵山

大船鉾 宵宵宵山後祭、宵宵宵山。明日は雨かもしれず、22時過ぎてから町を歩けば、提灯を消している山も多く、しかし、大船鉾は健在でした。人もまばらで、ラッキー。

後祭、山鉾建て

IMG_0689南観音山IMG_0709南観音山IMG_0668東山雲雨の山鉾巡行にぐったりした翌日、東山の不思議な雲が切りになりつつ外に出ると、後祭の準備は着々と進んでいました。写真は新町通りの南観音山。奥に見えるのは、北観音山の松、そして北山。IMG_0722ビール

 

 

お旅所にて

IMG_5931お旅所神さまは、神輿に乗って氏子地域をまわった後、四条寺町のお旅所へ。一週間滞在されます。

毎晩、無言参りをすると、願いがかなうと、祇園では伝えられています。

神輿渡御

IMG_5866後ろ向き昨日、夜は神輿渡御。今年は石段下で神輿の差し上げを撮影するつもりでしたが、あまりの土砂降りに、例年通り、花見小路で待機。いつもは馬が四条通に待っていて、一力から強力さんの肩に乗せられいくのですが、雨ゆえ、馬が一力前までお迎えに。こちらのお稚児さんは、長刀鉾とは別。IMG_5867前向き

お神輿の写真は例年花見小路で撮影しているので、今日は上から見送りました。真上からでなければ、カメラに収めても大丈夫ですよね。左奥の建物は歌舞練場。IMG_5899★

 

 

 

雨の山鉾巡行

IMG_9846注連縄切り長刀鉾お稚児さんが注連縄を切った瞬間。結界を破って、巡行のスタートです。

このときはまだ小降り。次第に大粒の雨に変わり、皆さん大変でした。裃に傘を刺した行列も、それなりに趣きがありました。さすがに、ご神体人形のない山は、興ざめでした。疫神は寄りしろの松に集められるのだから良しという考えかもしれません。

日和神楽

IMG_5649★台風が接近。明日は逃れられないと思うのですが、日和神楽の間は止んでくれていました。写真は、祇園の花見小路をまわる長刀鉾のお囃子です。

昼間は一力さんでのお茶会に伺いましたが、こちらも台風で他府県からのお客さまが少なかったのか、一昨年に比べて空いていました。

国立競技場、即刻見直すべき

工事現場スポーツ振興の役員とか政治家って、怪しいの、どこの国でも。利権の匂いプンプン。

でもね、国立競技場のデザインが本当にいいものなら、お金かけてもいい。日本の未来にふさわしくて、アスリートも評価するデザインならば・・・。

世界の関心が加速度ついて日本に向かっているのは、「自然と共生してきた日本の文化」が評価されているから。それを表現しているデザインなら、どんなに高くても血税つぎこんでも、応援できるんだけど・・・。

安藤忠雄さんは、なぜザハ案を選んだのか、今日の記者会見できっちり説明すべき。個人的人間関係とかではなく、心底あのデザインがすばらしいと考えて選んだのなら、国民に向けて熱く語ればいい。施主を説得するのは彼の得意技のはず。

鳩森なぜ金額が跳ね上がったのが「わからへんねん」なんて、言わないで。ザハ案の工事費は常々コンペの2倍3倍になることを、大先生は十分にご存じのはずだから。

写真は、先月末の既存の競技場が壊された後の千駄ヶ谷と、地元の鳩森神社。茅の輪をくぐって夏越の祓をした私。はたして神さまは、あの「異物」建設を許容するかしらん。怒りのあまり、東京に天変地異が起きないことを祈るばかり。

 

祇園祭宵宵山

IMG_5601IMG_5584鱧づくしのお弁当を頂きました。裾に白鷺の刺繍の入った着物。詳細は「きもの適齢期」をお読み下さい。

 

 

提灯に癒されます

IMG_5568IMG_5574IMG_5577

長刀鉾 曳き初め

IMG_8976 ひきぞめ長刀鉾の曳き初め。鉾を建てた後、四条通を東西に動かす試運転です。

お稚児さんがいるのは、街灯より高い位置。なのに、こんなに身を乗り出して、疫病退散の太平の舞を披露してくれるのです。思わず、ありがとう、と言いたくなります。IMG_9021 ひきぞめ 太平の舞

神輿洗

IMG_8880★神用水10日は神輿洗。朝、鴨川の水を汲んで、ご祈祷を済ませ、夜の神輿洗に備えます。

祇園祭の真髄は神輿。そのお清めの儀式が、10日の夜、四条大橋の上で行われます。

山鉾の鉾建てと重なるので、大忙しです。

鉾建て

IMG_8737ほこたて (640x480)鉾建てが始まりました。写真は長刀鉾。烏丸通の西側(写真奥)には、次々と鉾が建てられて行きます。

祇園祭始まりました

あいにくの雨ながら、今日はお稚児さんのお千度参り。夜、山鉾町を散策すると、どこからともなく祇園囃子が聞こえてきます。お稽古が本格的に始まりました。

祇園祭は今日から7月31日まで。毎日何か行事があるのです。

私はといえば、昼前に東京より帰洛。事故の翌日だけに、グリーン車に乗りました。皆さん同じ考えだったのでしょう。いつもよりグリーン車が混んでいた気がします。PCを抱えて、仕事をする方々でした。