Archive for 2月, 2016

2月29日の光景

表参道にある銀行に午後三時前に行ったところ、ATMに超長蛇の列。中はといえば、人がびっしり。同じ月末でも、2月末は28日までで日にちが少ないので、いつも混雑するというのだが、1日多い今年も同じ光景みたいです。

それにしても、さすが表参道。会社のために振込みに来たであろうOLたちも、洋服のセンスがよくて、びっくりです。

十三回忌の法要

早いもので父が旅立って12年。某私立女子高の初等部に入学が決まっていた姪が、この春卒業。命日は3月5日なのだが、法要はその前の日曜日に行い、その後、ホテルで親戚の人々とともに父を偲んだ。

日本橋で鶴瓶師匠の「らくだ」を聴く


コレド
昨日、日本橋三井ホール「第5回COREDO落語会」に伺いました。「火焔太鼓」橘家圓太郎師匠、「天狗裁き」柳家花緑師匠に続いて、中入り後は笑福亭鶴瓶師匠の「らくだ」。

圓太郎師匠、安定感があって、素敵でした。鶴瓶師匠の落語は初めて。益弘さんが2年かけて口説いたそうです。75分の高座。引き込まれました。

京都から和服で、と思ったけれど、途中でYUKITORIIでの試着が待っていたので、洋服から着替えて、会場へ。日本の伝統芸能は、和服で聞くのが礼儀と考えているのです。

梅花祭

IMG_5961北野天満宮の梅花祭。上七軒の芸舞妓さんによるお茶会を梅枝の間からパチリ。

日本全国の天満宮、いずこも足を踏み入れた途端に、梅の香が漂ってくるようで、春でなくても梅の花をも探してしまいます。条件反射かな。

牛の像もあるの。古代史に興味ある人なら、チェックポイントですよ。

聖護院の五大力さん

IMG_9426京都では、街中で山伏を見かけることは決して珍しいことではないのです。平安神宮のすぐ北にある「聖護院門跡」では、年が改まると、寒中托鉢、節分会、五大力尊法要で賑わいます。

今日2月23日は塔頭・積善院準提堂の五大力さん。奥の「五大菩薩」にご注目(iphoneなのでピンボケ、ごめん)。大般若経転読法要、午後は護摩焚き(柱源護摩供養という特別な護摩)。地元の人々を中心に、大いに賑わっていました。盗難除けのお札を頂きつつの、粕汁のご接待も人気です。

 

三津五郎丈一周忌

梅

湖北で熊を頂く

IMG_5670先日、琵琶湖の北、余呉湖で、熊を頂きました。臭みがまったくなくて、シルキーな舌触り。これを味わわずして、死ぬことなかれ、といいたくなる。とはいえ、KUMAはKAMI。感謝をこめることが大切。ありがとうございます。

IMG_5654

IMG_5657

右の写真は鍋の肉、下の2枚は、前菜の一部。

米大統領選 私的注目候補はケーシック。

ケーシックこのところ舞い込むツイッターは、とにかく英文が多い。アメリカ大統領選挙の予備選が始まったからです。いまもニューハンプシャーで投票の真っ最中@CNN。

日本のテレビでは不動産王トランプばかりが扱われていますが、私が密かに注目しているのは、この人、ジョン・ケーシック。オハイオ州現職知事の共和党候補。大人で、安定感があって、話も上手で、とても感じがいいのです。

いかにもアメリカ人が好きそうなタイプ。これからジワジワ上がってくると見ています。

庚申まいり

IMG_5621庚申まいり法蔵寺のあと、初庚申の八坂庚申堂へ。コンニャクも頂きましIMG_5623見ざる聞かざる言わざるた。申歳だから、ありがたさが増しまIMG_5625こんにゃく
す。

IMG_5626さる一杯

 

伊藤若冲生誕法要へ若冲モチーフの帯で

若冲 雉朱印

ひきこもり

昨日は昭和へのタイムスリップ、ばっちりでした。今日も引き続き・・・。

聖護院のお札焼き、家で豆まき恵方まき

今年は知り合いの豆まき写真をとるため六波羅蜜寺に出向いたので、聖護院の護摩焚きは逃しました。その後の、お札焼きへ。

恵方まきは、美山荘のもの。銀行に行った帰りに立ち寄った大丸で並び、手に入れました。山菜が口の中で広がって、美味。その前に豆まき、いわし+日本酒。最後が黙々と恵方槇というのが私流。

 

 

六波羅蜜寺の土蜘蛛

IMG_5376★東京で豆まきといえば、大きな神社仏閣で芸能人が舞台の上から振舞うという印象ですが、京都ではもう少し本格的。年男や舞妓さんの豆まきの前後に、鬼やらいなどの追難式が執り行われます。六波羅蜜寺は特別で、土蜘蛛なんですね。IMG_5238★

人々は、土蜘蛛鑑賞はどこへやら。福豆狙い、蜘蛛の糸狙いで手が伸びるのですが、この日は群集の後ろにいた私のところにも福豆が飛んできて、ありがたや、ありがたや。

吉田神社の鬼やらい

夜は吉田神社へ。

10 年くらい前でしょうか、この季節に京都にやってきて、「京都の人は節分はどこに行くのですか」と運転手さんに訊いたところ、「吉田神社と壬生寺でっしゃろ」といわれたのですが、新幹線の時間も決まっていたので、諦めたことがあります。

吉田神社では2日に鬼やらいの神事があるのです。3 年前、観にいこうとしたのに、ものすごい人上までの到達せず、神事を見逃したどころか、その後の参拝も、もみくちゃにされて、二度と足を踏み入れませんでした。でも、吉田神社と壬生寺を往復する臨時バスが走っているのをみて、おびっくり。さすが風水都市京都。鬼門と裏鬼門が大切なのですね。

鬼門と裏鬼門、それが吉田神社と壬生寺なんです。欲を言えば、鬼門から時計回りに一周、吉田神社、八坂神社、伏見稲荷、壬生寺、北野天満宮なのです。

さて、その鬼やらい。2時間前に上の境内まで到達して場所取りが必要とわかり、16時から立っていました。そこへ、孫だけでも見せてほしいとの女性が出てきて、隣に立つ5歳の少年のケアをしていたら、写真はいまひとつ。でも後ほどアップしますね。最初は怖くないといっていたのに、やっぱり近くに来るとしり込みして、幼いころに鬼を見るのは大切ですね。

八坂神社の豆まき

IMG_4933八坂舞妓IMG_4957八坂舞妓京都の節分は2月2日から忙しいのです。今年は親しくしている母子の、ご子息のほうが年男で豆まきをするというので、八坂神社へ。彼にとっても初体験。先輩たちに遠慮しつつで立ち居地がすぐに定まらず、私はそんな彼を追って、群集の周りを右往左往。

IMG_4981★IMG_5020★その合間に舞妓さんを撮ったので片手間感が抜けませんが、その一部をご紹介。万が一他の人のカメラに写りこんだとき興ざめにならぬよう和服を着ている私。しかし一般の人々はさにあらず。普段着であることはもちろん、舞台からの豆をうけようと手が伸びる、上に掲げたスマホが写りこむ、など難しい。