鳥居ユキ×城戸真亜子@河原町教会

河原町教会へ。高山右近列福式を受けて、感謝のミサが執り行われました。

この後、東京へ。洋服を着る必要があり、これを選んだのですが、城戸真亜子さんの絵とコラボした鳥居ユキ先生のお洋服が、ステンドグラスとシンクロしています。

Gucci 鳥のリュック

東京に行くたび、リュックが流行っていると感じていました。地下鉄内の20代30代、OLサラリーマン、みーんな背負っていて、御所南小学校の集団下校を見ているようだ――。

なあんて感じていた昨夏、新宿タカノでの打ち合わせを終え、1階のウインドウディスプレイでみつけたのがコレ。タカノ1階はGucciの路面店なのです。

昔からトロピカル柄に弱い私。しかも、描かれている鳥が、なんとも上品じゃないですか。来年は酉歳。でもお値段が立派すぎて、うーん、その場はパス。

実は紳士物なのです。私には大きいかとも思い逡巡して、大丸京都店のGucciを訪れ、結果、取り寄せを依頼。京都にはない限定品でした。

その日は大丸カード特別優待13%引き。取り寄せている間に、円高還元でGucciが値下げを決めたから、さあ大変。結局、新宿の4分の3になったのです。

伊勢神宮参拝には、これを背負っていきます。外宮内宮の御垣内参拝ではバッグは預けるので支障はないし、摂社末社で柏手打つのに都合がいい。さて、これを背負って、充実した一年を送れるかどうか。乞う、ご期待!

鹿鳴館茶会

まるで絵画のようでしょ。昨年、明治時代の洋館で開かれた鹿鳴館茶会の様子です。衣装は貸衣装。大人のコスプレ、気合入っています。今年もバロック茶会と名付けて開かれたのですが、私は振袖にしたので、その様子は、KIMONOブログで見てくださいね。


YUKI TORII 赤ジャケット

インド駐在のご主人とともに一時帰国したマコちゃんと、京都でオープンしたばかりのFOUR SEASONS HOTELでランチ。

グリーンのワンピースの上に、今年買ったYUKI TORII の赤いジャケットで。クリスマスモード。JKはエリが編み込みニット。数年前作られた黒はエリが二重だったのですが、こちらは一重。すっきりしています。

マコちゃんはインドで仕立てたミンクのベスト。バッグも含めて、とてもリーズナブルな値段なのだとか。タイシルクでドレスを作る感覚らしい。「ミンク作りにインドに来てね」と言われてしまいました。ミンクはカシミール地方で捕れるそうです。

YUKI TORII 2017春夏コレクション

今季も東京コレクショのン真っ最中。鳥居ユキ先生の作品はどれもこれも素晴らしく、またまた感動の連続。

モスキーノのハートモチーフ

モスキーノといえば、ハートモチーフ。ベルリンの壁崩壊20年の式典のため訪れたベルリンで購入。高かったけど、記念と割り切って。

ノースリーブのドレスとJK。秋冬のパ-ティに着られると判断したのですが、東京でお世話になった整体師の結婚披露宴で着用。本当は和服のつもりだったのに、前日、京都を出る際に電話が入り、お悩み相談に時間をとられ、パッキング漏れ。前夜にアイロンをかけた襦袢を忘れたためです。中振袖だから、ほかの襦袢ではダメなんです。

なんといっても、裾のラインが魅力。だから立食向けなんです。着席だと、単なるスーツと思われて、残念な組み合わせなのですが、昼間の披露宴なので、ロングドレスも憚れたのでした。

バッグは真っ赤なハート型。写真は後で掲載しますね。

モヘアのスーツ

陶芸家の会田雄亮先生が旅立たれて、もうすぐ1年になります。伊勢丹では、11月2日から回顧展が開かれますが、ご縁は、鳥居ユキ先生の東京コレクション。奥さま(向かって右端)とユキ先生が幼馴染でいらっしゃることから、年に2度、お目にかかり、国際情勢についても意見交換をさせていただいておりました。

写真は、数年前のコレクション後のレセプションで。モヘアのスーツは、もちろんYUKI TORIIの作品です。

プリーツ・プリーズを着ていた時代

ドイツで出版された本に、我家が掲載されています。

といっても、90年代末にカメラマンの都築響さんが連載されていた「着倒れ方丈記」のプリーズプリーツ編が私の部屋だったために、それが採用されたというわけです。プロのお仕事ですので、一部のみ切り取って、こちらにアップさせていただきました。掲載写真では、テーブルの上にもびっしり並んでいるんです、ワンピースが。

いまは YUKI TORII一筋ですが、アジアを取材していた時代は、折り畳みのきくプリーツプリーズが便利だったのです。

撮影当時は、西麻布のアパ―トからマンションにバージョンアップしたばかり。母の形見の箪笥も、手入れに出してすぐだから、美しい。中は着物です。

花と千鳥格子

こんなかわいいドレスがウィンドウにかかっていたら、足を止めてしまいます。しかも、京都の近所で。錦市場に近いセレクトショップでした。

このところ、洋服は鳥居ユキ先生のしか買わないと決めてきたのですが、看過できなかった。モスキーノ風でもあるのに、2万円くらいなら、心動くじゃないですか。

唯一の難点は、XSだったこと。Sを探してもらえばよかったかも。ウェストが閉まり過ぎていて、時々苦しいです。

フラワーモチーフバッグ(COACH)

アメリカで暮らすと、COACHは決して高いブランドではないことを実感します。

ジョージタウンの路面店には他にないデザインが並んでいて目に毒。ドル決済で留学中に結構買い込みました。たとえばデパートのMACY’Sではめずらしいデザインは無いのですが、時折SALEでとっても安く手に入ったりするので、狙い目なのです。

SALEでこのバッグに巡り合ったのは、とてもラッキーでした。どこかのデパートで、だったと思います。フラワーモチーフは私のテーマですが、蜂が飛んでいるのも面白い。実際に夏は便利。