神事参列に何を着るか

神事に参列する際、雨だとか、着物が間に合わないときには、必ず神職さんと同じ色の洋服に身を包みます。この日も、同じ色の狩衣のをお召しの方が役一名。

鳥居ユキ先生のニットJKの下は、特注のワンピース。藤色の同じデザインのサンプルがあり、まったく同じ形で。タイツ、靴の色をそろえれば、一体感が増します。

YUKI TORII INTERNATIONAL 2018年春夏コレクション

先週、東京恵比寿で開かれたYUKI TORII INTERNATIONAL 2018年春夏コレクション。年に2度、伺っているのですが、写真をアップするのは久しぶり。1枚はステージにて鳥居ユキ先生と、もう1枚はロビーにて俳優の高橋克典さんと。

2017年秋冬物を纏い、最前列に座っている私たち。いつもは会場で誰一人同じ服を選ばないようプレスが差配するのですが、今年はあえて美馬のゆり博士とお揃い、「金華山シスターズ」で臨みました。生地が同じでも微妙にコーデが違うの、愉しんでね。

金華山ジャガードは、高野山の麓で生産されるベルベットで、名前の由来は岐阜県の金華山周辺で生産されてきた「金華山織」の名残り。ソファの生地にも使われる丈夫さと滑らかさが魅力で、晩秋を思わせるほど寒々しかったこの日の東京では、ぴったりの装いとなりました。

追伸:信楽の古民家で撮影した集合写真で顔が真ん丸だった私は、コレクションにそなえて2日間、こんにゃくとゆで卵だけ食すプチダイエットを敢行したのでした。

伊勢神宮参拝

鳥居ユキ先生の濃紺のパンツスーツに、Gucciの鳥リュックを背負っています。御垣内参拝のときには、バッグは置いていくので、リュックでも大丈夫。服装は、濃紺のスーツ、インナーは白、パールのネックレスと、フォーマルに徹しています。摂社末社参拝のときには、両手があいて、柏手を打ちやすく、リュックは便利です。

粟田祭

知恩院の階段下で見られる粟田祭のワンシーン。八瀬の赦免地踊りと重なるので、この日が初めて。神仏習合を残している。

翌日、フォーラムの仕切りをするとわかっていたので、着物は諦め、洋服で。30年まえのアギーグレースのボトムに、20年前にアジア取材のために作ったトップス。

上御霊神社

粽食べ食べ♬

川端道喜の粽。御所で5本入りを分けて味わいました。

YUKI TORIIの上下、パーカーはアメリカ時代に買ったジューシー。

YUKI TORII 東京コレクション 2017-18 秋冬

鳥居ユキ×城戸真亜子@河原町教会

河原町教会へ。高山右近列福式を受けて、感謝のミサが執り行われました。

この後、東京へ。洋服を着る必要があり、これを選んだのですが、城戸真亜子さんの絵とコラボした鳥居ユキ先生のお洋服が、ステンドグラスとシンクロしています。

Gucci 鳥のリュック

東京に行くたび、リュックが流行っていると感じていました。地下鉄内の20代30代、OLサラリーマン、みーんな背負っていて、御所南小学校の集団下校を見ているようだ――。

なあんて感じていた昨夏、新宿タカノでの打ち合わせを終え、1階のウインドウディスプレイでみつけたのがコレ。タカノ1階はGucciの路面店なのです。

昔からトロピカル柄に弱い私。しかも、描かれている鳥が、なんとも上品じゃないですか。来年は酉歳。でもお値段が立派すぎて、うーん、その場はパス。

実は紳士物なのです。私には大きいかとも思い逡巡して、大丸京都店のGucciを訪れ、結果、取り寄せを依頼。京都にはない限定品でした。

その日は大丸カード特別優待13%引き。取り寄せている間に、円高還元でGucciが値下げを決めたから、さあ大変。結局、新宿の4分の3になったのです。

伊勢神宮参拝には、これを背負っていきます。外宮内宮の御垣内参拝ではバッグは預けるので支障はないし、摂社末社で柏手打つのに都合がいい。さて、これを背負って、充実した一年を送れるかどうか。乞う、ご期待!

鹿鳴館茶会

まるで絵画のようでしょ。昨年、明治時代の洋館で開かれた鹿鳴館茶会の様子です。衣装は貸衣装。大人のコスプレ、気合入っています。今年もバロック茶会と名付けて開かれたのですが、私は振袖にしたので、その様子は、KIMONOブログで見てくださいね。