Archive for 12月, 2012

2012年12月 妙心寺退蔵院

 京都で紅葉の名所は数あれど、この妙心寺退蔵院はあまり知られていない。かくいう私もネット検索で偶然知り、今年が初めて。

 瓢鮎庵の名が残るお庭を堪能しながら、精進料理を頂いて4500円。12月8日まで。アートディレクターの佐々木まなびさんを誘ってでかけた。楽書会仲間でもある彼女は、宮川町で「裏具」という和小物の店を持ち、女性誌にも登場しているので、ご存知の方もおられるかと思う。http://www.uragu.com/

 うるおぼえではあるが、妙心寺は母方の実家のお寺(退蔵院ではないかもしれないが)。母の晩年の紬の着物に若いころから締めていたであろう帯を選んだ。身幅が私には大きいので、これを着ると大女に見えるところに悩ましいが、あまり着た形跡がなく、仕立てかえるコストに抵抗を覚え、そのまま着てしまう私である。

 庭のデザインも紅葉も申し分ないのだが、妙に気になるのが、紅枝垂れの枝ぶりだった。花が無くともそそられるのだから、春はさぞ美しいだろう、などとつぶやいていたら、来春の「そうだ、京都へ行こう」のポスターになるのだと解説者がいう。うーん、そうなれば、皆に知られるところとなり、混雑するに違いない。もう1年早く、存在を知っていれば、ひっそりと紅枝垂れを楽しめたのに。残念至極・・・。

 

 

2012年11月 楽書会京都展

楽書会京都展。会場が広いので、臨書だけでなく、自由作品も展示されています。私は縦書きで形になる自作の俳句を書いています。

着物はこの日、初めて人前で着た母の紬。京都は寒くて、紬でないと耐えられません。ボリュームがあるので太って見えるのが難点ですが。朱の筋が入っているので、裾まわしも朱で仕立てられています。

筆の帯を、とも考えたのですが、花屋で見たシクラメンが脳裏に残り、ついこの帯に。この着物に合わせるのは初めてです。