Archive for 6月, 2013

2013年6月 麦文@室町和久傳

室町和久傳6月 2前の晩、連れて行っていただいた室町和久傳。入り口に茅の輪があるのを発見して感激した私は、翌日、一人で再び訪れました。大好きな「笹ほたる」を食べたくて。

以前は室町にあった室町和久傳。いまは御池通りから堺町通りを下ったところにあります。イノダコーヒー本店を上ルと言ったほうがわかりやすいでしょうか。2階のサロンでは茶菓が楽しめます。

茅の輪 和久傳

夏越の祓まであと1日。着物は麦文の絽、帯は観世水文を青に染めたもの。

 

2013年6月 ハイビスカス文@披露宴

漫画家さかもと未明さんの披露宴@椿山荘に出席。こちらもエンジン01のご縁。ハイビスカス@椿山荘

ご本人からは「きれいな格好で来てね」とのご要望があり、ならば和服しかなかろうと、この付け下げを用意した次第。なにせ袷だったのだから、直すのに一苦労。

「まあ、素敵」とほめてくださったのは、またしても桜井よしこさん。「20代の嫁入りの際、母が持たせてくれたんです。ちょっとブリブリで恥ずかしいのですが」と言い訳する私に、「大丈夫よ。品があって、いいわよ」。ご自身もお着物をお召しになるので、着物の価値がわかるのだと思う。30年前の職人の仕事、いまは再現できないのです。

母がこの着物を世田谷の「いその」さんで誂えたとき、和服でハイビスカス文様がどれほど斬新だったか。ハイビスカス自体いまほど日本では出回っていなかったので、季節を問わず、袷がよかろうと呉服屋さんと決めたのかもしれない。生前、単衣に直したほうがいいのでは、とつぶやいていました。

市松帯単衣といえば、先日の祝宴は額あじさい文で季節としてはドンピシャなのだけれど、なにせ小紋なので披露宴には不向きです。「披露宴は神様に降りてきて祝福してもらうのだから、出席者も相応のお召し物でお祝いするのが礼儀だ」と、この帯を制作された誉田屋山口源兵衛さんの助言を受け、あわてて短期間で治してくれる仕立て屋さんを探したのでした。母のバッグ

袷を単衣に直すのは、裏をはずすだけで簡単に思えるけれど、実際、縫い方が全く違うのだという。本来は洗い張りにしての直すので2ヶ月かかるらしいが、ほどいてみたら、そこまでしなくてよい縫い方だったとのこと。どうにか間に合いました。バッグは母の形見です。

 

 

 

 

2013年6月 紫陽花づくし@祝宴

池田弘さんの「渋沢栄一賞受賞を祝う会」に出席。神主であり実業家でもある池田さんは、アルビレックス新潟を率い、若手起業家も育てていらっしゃいます。池田さんとエンジン01を通してのご縁。私が『ワシントンハイツ:GHQが東京に刻んだ戦後』で日本エッセイスト・クラブ賞を受けたとき、見事な胡蝶蘭を届けてくださいました。額あじさい2013 池田氏と

ホテルオークラで開かれた立食の祝宴に着用したのは、額あじさいの小紋に箔の市松文の帯。この季節にしかつけられないオパールで象られた紫陽花の帯留は母の形見です。下の写真は2009年の三津五郎さんの祝宴の際の記録。三部紐は緑のほうが葉のイメージが鮮明になるでしょうか。

額あじさいアップ

紫陽花の帯留

2013年5月 刺繍の龍文@葺落五月大歌舞伎

龍帯1

5月は、国立劇場で文楽「曽根崎心中」を観て涙し、歌舞伎の柿葺落五月大歌舞伎夜の部「二人道成寺」を観て、玉三郎さんと菊之助さんの美しさに息を呑みました。

まだ袷の季節ですが、5月とは思えぬ暑さに、薄さを感じさせない単衣をまとい、帯は黒地の絽に龍を刺繍したものを結びました。葵の紗袷とも思ったのですが、紗袷は一人で着るには難しいので、断念です。

辰歳の昨年、龍の帯を探し購入。ネットにしては上出来の買い物でした。これだけの刺繍ですから、もちろん、アンティーク。お値段もかわいくて、満足です。龍をフィーチャーした写真を、後日、あらためてアップしますね。