Archive for 1月, 2014

2014年1月 つけ帯が活躍

つけ帯先日ご紹介した幾何学文のお召用のアンティーク帯。だらりの帯仕立てだったことから作り帯にしたのですが、紬にも合うので、1月はよく締めておりました。

かつてはよくあったリバーシブルの帯。裏には椿と橘文様。オレンジともかんぞう色ともとれる色なので、裏は無視。そもそも竹の赤に惹かれてのだから。でも、気持ちは椿。だからこの季節に締めるのです。

2014年1月 倭文の帯

倭文布2私の手持ちの帯で、もっとも軽い「倭文(しずり)」。これまで誉田屋さんのゴールドと書いてきたものは、倭文と呼ぶ古代織物であることを、いまごろ知ったのでした。倭文とは、梶の木や朝などで経縞や格子を織り出したもの。荒妙、しずおり、しずぬのと称ばれることもあります。私の締めている帯がゴールドでモダンな印象を与えるのは、箔が経に使われているためです。もちろん、お太鼓にリボンやチェーンを通していることもありますが。

2014年1月 小正月はクリームの紬縮緬で

小正月3小正月の今日、上賀茂神社の御粥神事に参列しました。小豆杖と粥杖を神前にお供えした後、粥杖でご張台の柱などを叩くのです。柱は金で冬を、杖は木で春を表す。春の気で御社殿を清浄にし、若返らせるという意味があるようですね。

早朝に目覚めなかったので、神事は洋服で参列。着替えて午後のインタビューには、この組み合わせで。小正月だから、色は春らしく。紬縮緬に倭文の帯を締めています。吉岡先生の『日本の色辞典』でもぴったりくる日本語の色名はみつからず、どうやらクリームと呼ぶしかないようです。

2014年1月  人日節句+初釜式は森口華弘さんの訪問着で

今年の裏千家初釜式は、森口華弘さんの訪問着で。袖を通したら、自分のものにしたくなった孔雀文です。森口さんの仕事は、技術にくわえて、絵がすばらしい。身にまとってこそ、生きる構図となっています。森口 とうろう★

森口 後ろ姿★七日は人日節句。古くは年初めの節句としてお祝いされてきました。同時に除災もなされ、そのために七草粥を食すのです。上賀茂神社では、白馬節会(あおうまのせちえ)にも倣い、神前に七草粥をお供えし、それから神馬を神殿前にお連れして、馬には大豆が与えられました。白馬節会とは、年の始めに白馬(青馬)を見ると一年の邪気が祓われるという故事に則った宮中の儀式です。境内では七草粥がふるまわれ、一般の人々も白馬を拝みながら、いただくことができます。

利休バッグ 桃色朝一番で美容院で着つけてもらった後、上賀茂神社へ。穢れを落として、裏千家今日庵へと向かったのでした。

人間国宝の方々の作品は、アンティークでないと手に入らないものですが、散在しないために眺めるだけにとどめてきました。なのに、この着物がほしくなったのは、12月に「東京人」の取材で東京国立近代美術館工芸館を訪れたため。たまたま森口華弘展が開かれていて、「森口華弘」モードになったアンテナにびびっと来てしまったわけです。テーマは着物ではありませんが、いま出ている「東京人」をぜひご高覧くださいね。へえーっという内容です。

利休バッグは西陣で。なでしこ色は、着物の孔雀の羽根と同じなのです。

2014年1月 京都の仕事初め

上七軒@西陣新年会★仕事はじめ今朝、京都中京の室町で見かけたのは、和服姿の旦那たち。肖像権があるので、後姿のみ。

午後から、ある新年会に加えていただいた。上七軒の芸妓さんたちがズラリ。東京も仕事初めは着物にすればいいのに。

 

2014年1月 新年会は梅づくしで

1月5日 上賀茂神社3-150x150

新年会はこのパタン着物も帯も梅文で。違う面々だからと、同じ組み合わせで参加してしまいました。

梅+矢着物には梅の花だけでなく、矢も描かれています。厄落し、完璧ですね。全身の写真は2013年1月をご覧くださいましね。

 

2014年1月 神社めぐりは赤の幾何学文で

蹴鞠初め あまざけ@下鴨神社-150x150

幾何学文様の赤いお召しは久しぶり。さすがに若作りかと敬遠していましたが、お正月なら赤でも大丈夫。黒地にトランプの刺繍帯。蹴鞠はじめを下鴨神社で観て、あまざけを頂き、八坂神社へ。コート着用の写真のみなので、中身は過去の写真をはりつけてみます。

ブラジル人、アメリカ人が飛び入りした蹴鞠はじめの写真は、ブログにアップしましたので、「ブログ」ボタンを押して、ご高覧ください。

赤幾何学

2014年1月 お正月は黄色地の紬縮緬に倭文織の帯で

 

和久傳 正月もちばなお年賀を送るために、和久傳堺町店へ。もち花の下で撮影。食事をするわけではないので、普段着使いの紬縮緬。でもお正月モードで黄地を選びました。帯は誉田屋製ゴールドの倭文織(しずり)を締めています。

2014年1月 初詣はワイン色のコートで@上賀茂神社

新春のお喜びを申し上げます

無事に新年を迎えられたことに、感謝。今年も人類が試されそうな天変地異の予感はありますが、どうぞ皆様ご無事で、健やかな一年をお過ごしくださいますように。

さて、初詣は大好きな上賀茂神社へ。お正月の間は、だれでも本殿まで近づいて参拝ができますので、おすすめです。中門に飾られたこの宝船の下を通ると、1年間無病息災、運気アップとの評判。

宝船ご神酒-225x300

お神酒もふるまわれます。写真は、自宅用に購入したお神酒。金粉入り。升の裏側には上賀茂神社の神文二葉葵が刻まれています。

正月立砂前羽子板アップ-300x225

天気予報では、にわか雨とのこと。着物は訪問着や付け下げを避け、羽子板文の小紋を着用、松竹梅の帯を締めています。コートは元旦の今日が初お目見えです。ワインというより実際はチョコレート色なのですが、黒でない和装コートは貴重です。京都の寒さには、カシミア100でないと、耐えられません。ちなみに、草履もアザラシの毛皮。