Archive for 1月, 2016

2015年正月 梅鉢の帯で梅づくし

IMG_9070★ 初雪が降った日、聖護院ご門跡との対談にて。孔雀明王を意識して、孔雀文も考えたのですが、僭越かと思い、梅に。今回は白の梅鉢文の帯を締めて。    IMG_9066★

2016年正月 羽子板づくし

羽子板文に羽の帯

京都では、小正月の15日までが正月モード。それまでは松飾も注連縄も飾っているので、私も和服を着ています。

羽子板文に、その羽根と駒の帯を持ってきました。まあ、お遊びです。松竹梅ほど、お目出度感は出ません。子どもに接するときに使えるかと思って、昨年セールで購入。東京の羽子板市に行くときなどに使えそうです。

青い紬の上にも合わせてみました。着用した写真を撮り忘れたので、再び着た折にアップします。

2016年正月 裏千家初釜式へ

初釜2016写真 (2)上賀茂神社の白馬奏覧神事の後、境内で七草粥を頂、今日庵へ。

今年は、母が晩年に着ていたであろう訪問着を着るつもりでしたが、前夜、正月には地味と感じて、20代のときに誂えてもらった付け下げに変更しました。文様を勉強したいまとなっては、この着物の価値がよーくわかります。選んでくれた母に感謝です。

ところで、利休バッグは今日がデビュー。かづら清の宝尽くしです。下足のところで預けようとしたら、このバッグなら、そのままお持ちください、とのこと。いいものは違います。バッグの写真は改めて。

2016年正月 梅づくし@和久傳

3日も和久傳へ。今回は昼間、堺町店の茶菓席へ。センスのいい青年に会わせてもらうのに、この空間を選びました。梅づくし@わくでん

この梅の着物は新年会などで着ていますが、帯は白地の梅花文。今年は新たに出会った赤地の梅を纏ってみました。

朝は八坂神社で初能奉納「翁」を拝見しています。

2016年正月 羽子板文に松竹梅の帯

松竹梅帯@わくでん 神結びお正月は和服で通すと決めております。フレンチおせち

毎年恒例、普段着は、羽子板文の小紋。松竹梅の帯を締めます。

元旦の夜は友人宅にお呼ばれしました。フレンチ「お節」に、私が大晦日の錦市場で並んで購入した三木鶏卵の卵焼きも加えてもらい、お酒は神結(かみむすび)を頂戴したのであります。なんと神々しい元旦。朝、上賀茂神社の境内で頂いた樽酒が徹夜明けの私に睡魔をもたらし、仕切りなおしの夕方からは神結なのですから。

二日の夜は、室町和久傳へ。丹後の間人蟹も頂きました。こちらの写真は後日。

2016 年正月 新春のお慶びを申し上げます

歳旦祭@上賀茂神社あけましておめでとうございます。

昨年も京都で多くを学び、日本再発見の連続でした。ご支援くださった皆様に心よりお礼申し上げます。

元旦は朝4時に出て上賀茂神社の歳旦祭に参列。直会(なおらい)をいただいて外に出ると、朝陽が眩しく、立砂前で撮影。

二葉葵着物はもちろん、上賀茂神社神紋である双葉葵。辻が花は分厚いので、温かいのも選択の理由。帯は古箔の竹。今年は暖かいので、ビロードのコートを纏っています。

左の写真は、直会(なおらい)の時、椅子に腰かけた上から撮影。膝のあたりの葵を撮影しています。