Archive for 3月, 2016

2016年03月 そろそろ桜狩

写真 3月23日、京都御所の枝垂桜の前です。着物と帯は、下の写真と同じ。

三分咲きくらいでしょうか。咲き誇る前の写真撮影には、むしろ桜色の着物を着たほうがよろしいのですが、朝から会議、会食などが続いたので、目立たぬよう、青でおさえております。

 

2016年03月 志村ふくみ展へ

IMG_9845

帯 さくら

 

 

 

2016年03月 歳の賀茶事にまねかれて

IMG_9547待合ねごろ笑顔IMG_9543椿上からご亭主が56歳を記念しての、根来ごろごろ紹鷗茶会にお招きいただきました。3月に入ってからの席だったので桜文の着物とも思ったのですが、寒の戻りで桜が早すぎると私のからだが反応し、椿がメインで梅が少し、という文様にいたしました。地紋がくっきり浮き出るのも、お気に入りの理由です。帯は誉田屋さんの市松金銀です。IMG_9550根来たな

 

 

17時からのスタートゆえ、待合の写真も暗くて粗くなってしまいました。中立の頃には、すっかり陽が落ちて、そんな時の流れがまた嬉しくて・・・。IMG_9548庭

お道具もさることながら、亭主のこらしてくれた趣向が楽しくって、幸せなひと時を過ごさせていただきました。感謝。IMG_9554

2016年02月 喪の装い

IMG_9540 法要帯命日は3月5日なのですが、それより早く、2月28日に、親戚の人々に集ってもらい、父の十三回忌の法要を行いました。

帯は母のもの。着物は、本当は濃くて深い色で、艶のない色無地がふさわしいのでしょうが、色を決められず仕立てそびれたので、これにて。

写真 (3)もちろん、お寺での法要には、帯締めと帯揚げは黒です。甲州街道向かいにあるパークハイアットホテル「梢」での会食前に、明るい色に換えました。ホテルだと、男性の黒いタイをはずして下さいと言うリクエストも多いのです。

2016年02年 COREDO落語会

IMG_9539松竹梅帯東京・日本橋で落語を堪能しました。プロデューサーの山本益博さんが2年かけて口説いた鶴瓶師匠の「らくだ」は、75分に及ぶ長丁場ながら、引き込まれっぱなし。ドキドキしながら、たっくさん笑わせてもらいました。

古典芸能に造詣の深い小山泰生さんが80点をつけられた圓太郎師匠の「火焔太鼓」は、落語に明るくない私にも、ぐっときました。正当派の円熟みが伝わってきて、大人の笑いを教わった気がしています。

翌々日の法要で着るつもりの色無地。荷物になるので、帯だけ松竹梅にかえて会場へ。仕事帰りということもあって洋装のお客さんのほうが多いのですが、それでも、おしゃれです、東京のみなさま。