Archive for 10月, 2016

2016 年10月 上賀茂神社の祝宴

%e2%98%85img_4709%e2%98%85%e2%98%85%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%96%e3%83%ab%e5%89%8d%ef%bc%91昨年、本殿の遷宮を終え、天皇皇后両陛下も参拝された上賀茂神社。僭越ながら、とある祝宴の席に寄せていただきました。

%e2%98%85img_4748%e2%98%85%e2%98%85img_4752%e2%98%85こういうときは当然、上賀茂神社にまつわる着物で出席をと考えるのが筋で(と私が勝手に考えているのですが)、帯を葵桂か、八咫烏か、迷ったあげく、秋らしい色の母の着物に、この葵の帯を締めることにしました。紫と紅に加え、赤茶色の葵もあるゆえ、着物と調和させられたわけです。桂がスサノオブルーなので、帯締めとラリマーをそろえてみました。あ、襦袢は丹塗りの矢を意識して、赤の矢絣です。後で写真をアップしますね。%e2%98%85%e4%ba%8c%e8%91%89%e8%91%b5%e3%80%80%e5%be%8c%e3%82%8d%ef%bc%93

ホテルのお料理も負けてはいません。上賀茂神社境内を模したオードブル、丹塗りの矢、二葉葵を描いたデザート。今回は、賀茂別雷神への崇敬度を、シェフと競う形となりました。%e2%98%85img_4756

唯一の後悔は、指輪。葵にあわせて、ハートモチーフにすべきでした。

 

2016年10月 袷風の人形仕立てが便利

%e7%9f%a2%e7%b5%a3%e3%80%80%e5%85%ab%e6%8e%9b

まだまだ暑い10月初め。何を着たらいいのやら。この日も30度。

袷の10月に投入して、単衣がはばかれるお席に備え、1枚持っていると便利なのが、人形仕立て(胴抜き仕立て)。単衣なのに、袖口と八掛だけつけて袷に見せているのです。この貝紫の紬につけた八掛は3本の矢。

%e7%ac%b9%e5%b2%a1%e3%81%95%e3%82%933未生流家元・笹岡隆甫さんを囲む会にお招きを受け、抽象的な花の帯を選びました。着物は貝紫。紬でいいのか迷いはあるものの、暑いから、人形仕立てを選んだわけです。京都らしく、会場の皆さまは柔らかものの和服。紬の私は少し形見が狭かったのですが・・・。

同じ貝紫でも、本当は、秋山先生の小石丸に袖を通したかったのです。が、そちらは袷仕立てなので、あまりの暑さに断念。小石丸は糸が艶やかなので、全然印象が違ったはず。もしも間違って、着てしまったら、汗だくで、とんでもないことになっていましたね。なにせ30度ですから。襦袢だけでも絽にしたかった。

5日後、東京で開かれた新潮ドキュメント賞のパーティでも、同じ取り合わせで出席。