Archive for 12月, 2017

2017年12月 河原町教会へクリスマスの帯で

IMG_5027●京都河原町教会、聖フランシスコ・ザビエル大聖堂。私はクリスチャンではありませんが、上智大学大学院もジョージタウン大学も、イエズス会系でしたので、シンパシーを感じます。IMG_5044●

その足でホテルオークラを訪れ、帯とのシンクロに感激して撮影。IMG_5063●

2017年12月 日本文化を語るサロンにて

IMG_4793

年に数回、日本文化を語るサロンが開かれます。クリスマス前なので、グリーン系の色無地に、クリスマスリースの帯留(実はブローチ)。井上八千代先生はインド更紗を使った紅い帯をお召しでしたので、記念撮影させていただきました。

2017年12月 芝翫親子襲名披露顔見世へ

工事中の南座に代わって、顔見世の舞台となるのは、ロームシアター。IMG_4721顔見世IMG_4944 顔見世

2017年12月 浜作が閉じる前に

IMG_4649

2017年12月 天神さんの名残紅葉

本来穴場だったはずの北野天満宮の紅葉。ライトアップが延期になったので、歩を運びました。人混みとの闘い。誰も写り込まない状態で撮影するの、難儀でした。IMG_4435IMG_4372IMG_4407北野天満宮

2017年12月 妙心寺 大法院へ

IMG_4365 光のシャワー妙心寺の塔頭のひとつ、大法院へ。清々しい気のお寺でした。
IMG_4362IMG_4370

2017年12月 岡崎別院の名残紅葉

東本願寺岡崎別院へ。P1950388★P1950400★

2017年12月 若冲の帯で紫織庵の紅葉を愉しむ

P1950321★P1950332★

紫織庵の庭の紅葉がかくも美しいとは、恥ずかしながら、今秋まで気づきませんでした。

これがまた、若冲の帯の雉の帯が似合うこと。この帯を紫織庵でみつけたとき、小躍りして喜んだものです。IMG_4445しおりあん

2017年11月 桂離宮

★IMG_3146 桂離宮月曜日が休みと知らず、早朝に並ぼうと桂離宮に向かったアホな私です。

実は2日前に中に入っているのですが、雨が強くて、洋服だったのです。よって、ロケハンと位置づけ、再び訪れた次第。

9時に手入れが始まったものの、しかし、早朝に並ぶ一般客はいないため、外から見える紅葉を存分に楽しめました。
この日の装いは母の訪問着。自然の中では幾何学文様が強烈すぎるかも。

2017年11月 無鄰菴へ

P1940392●京大病院に検査結果を聞きに行った後、無鄰菴へ。南禅寺界隈別荘群のひとつ。

東山を借景に作られた庭を撮影したかったのに、中に入って、びっくり。庭師さんたちが手入れをしているではありませんか。受付で何も言われなかった。こんなの、ひどい。

美しい庭は手入れあって保たれるもの。だからといって、客がいるときに道具散らかして景色乱して、なんだかなあ。桂離宮は休みの日に集中させているのですよ。なのに、京都市管理下の無鄰菴、ちょっと雑じゃあ、ないかしらん。せめて入館前に受付で告知するとか、手入れ日は割引価格にするとか、配慮が欲しいですよねえ。P1940421

というわけで、紅く染まった借景の庭撮影は泣く泣く諦めかけたところに、今度は観光客が数十人単位でやってくる始末。あーあ、最悪。お見せできるのは、団体客に襲われる直前の、縁側に佇む姿のみでございます。

P1940417

などとブツブツ思って外に出てみると、すばらしいサプライズが待っていました。な、なんと、小川勝章さんが佇んでいるではありませんか。無鄰菴の作庭をした七代目小川治平の末裔です。先日、「明日の京都文化遺産プラットフォーム」フォーラム「古都の借景」のパネルディスカッションでご一緒したばかりの、その小川さんに、無鄰菴の前で遭遇できるなんて――。

こんな偶然って、ちょっと素敵。なので、強引に記念撮影させてもらいました。小川さん、ありがとう。