Archive for 4月, 2018

2018年4月 

IMG_1079IMG_1115

2018年4月 曲水の宴 斎王代

P2040724 ●P2040575 ★P2040683★毎年四月、曲水の宴が催されます。斎王代最後のお勤めです。五月の葵祭には、新しい斎王代が輿に乗るのです。

2018年4月 妙心寺の花会式

妙心寺 花会式桜が見たくて、妙心寺の退蔵院へ。折しも、花会式が執り行われ、終了後、私たちもお釈迦様に甘茶をかけることが許された。P2040417★

2018年4月 仁和寺「落花さかん」 

京都の桜の名所の中でも、仁和寺は遅い時期に咲き始めます。御室桜。塔を背景にした風景はあまりに有名。

初めて訪れたとき切符売り場に「落花さかん」と書かれていて戸惑いましたが、なるほど、大分、花が散っておりますという意味でした。それはそれで地面に落ちた花びらが雪が積もったように見えて情緒があります。間からタンポポが顔を出していたりして。

P2030937P2030980

2018年4月 平安神宮へ

DSC_9821DSC_9867

2018年4月 白川 そして裏千家界隈

30421875_1717092001713866_1895184474_n京都で東京の知り合いにばったり会うことはめずらしくないのですが、この日も、こんな優雅な時間を愉しんでいたら、あったのです。サントリー時代の同期の女性に。

水の上に浮かんでいる私がふと見上げると、白川沿いを歩いていく女性の顔に見覚えがあり、しかし、30年以上のブランクを経て自信はなかったので旧姓を呼んでみると、目を合わせ、「何やってんの?」とあきれ果てた口調。「京都に住んでるの?」と訊ねる私に、「いえ」と一言残し、足早に通り過ぎて行きました。30224120_1717091965047203_1578003978_o

だよね。京都に住む感性あったら、もっと興味示すよね、普通。東京人だから、まったく興味ないんだわ。

あおい着物が私。帯は桜の花がいろいろな色で刺繍されています。この後、裏千家界隈に行ったので、その写真などは後ほど。