Archive for 5月, 2018

2018年5月 祝宴

猪瀬直樹さんと蜷川有紀さんの婚約披露パーティへは、紗袷で。さかもと未明

2018 年5月 根津美術館のカキツバタ

京都の大田神社のカキツバタに感激して、しかし、東京の根津美術館に行くと、さらにびっくり。

光琳などの展示が毎年あるのだから、手入れに余念がないのだろう。が、それにしても、ここまで見事に咲き誇るとは。

昨年みつけた帯は、このためにあったのかと思うほど。京都の花街では無粋と言われるでしょうが、しかし、景色の中に溶け込みたい私です。お許しを。
根津美術館 P1050586

2018年5月 大田神社のカキツバタ

上賀茂神社から徒歩10分くらい。大田神社は古い旧い神社です。境内脇に咲き誇る燕子花。一時は鹿に食べられて悲惨でしたが、ようやく蘇ってきました。

桜とともに燕子花(アヤメかも)が刺繍された帯を締めてみました。花が遠いので、着物は紫にしたほうがよさそうです。
32503759_1125805700894304_2172528839253557248_o32943299_1125806257560915_1450520961072758784_o32845217_1125806274227580_1555470823412727808_n

2018年5月  竹笑茶会@春秋山荘

IMG_1199京都にいて、インドネシアを感じることはよくあることだが、そこは、バリのウブドゥようだった。

山科の毘沙門堂の先に、こんな場所があるとは。川が流れ、竹が生い茂る。少しウェットな感じがウブドゥなのである。竹林に竹を使って作られたスペースを茶室に見立て、竹ほうきのように茶筅を網み、竹の茶碗で茶を点ててもらった。すばらしい。

竹だから鳳凰の帯を締めてみた。雀でもよかったのだが、そこは、やはり鳳凰が舞い降りてきそうな神秘的な場所だった。

追伸:自らタケノコを掘って、家で煮た。幸せ。