2017年3月 白雲神社に参拝



★P1280732● 白雲神社IMG_1843[1]白雲神社は、京都御苑の中にあります。ご祭神は弁財天。御苑にはほかに神社が2つあります。

御苑の中に神社があることに最初は驚きましたが、いまは当たり前のことと感じます。

明治維新までは、御所の周辺には公家宮家の邸宅が集中していました。白雲神社は、そもそも西園寺邸の敷地にあった神社で、それが明治以降も残ったわけです★P1280802白雲

本殿の奥には巳さんがいらして、卵をお供えされていることがあります。湯立神事にも参列しましたが、こちらの神事は、上御霊神社の神職さんが担っています。

お水がきれいなことでも有名。上の絵は、井戸の修復に、わずかながら寄進させていただいたときに分けていただいたものです。

 

 

2017年3月 伊勢神宮参拝 外宮へ



★P1240578●★P1240573二見の興玉神社の後は、もうひとつ別の摂社を訪れました。絵馬の酉が緑というのはめずらしく、隣の道の駅で分けてもらいました(のちほど写真アップしますね)。

P1240545伊勢市でも風が強くて、せきやさんの暖簾もビュンビュン踊っています。私も、着物の裾をおさえるのに難儀しました。ちらっと見える襦袢は、光琳梅です。

外宮参拝前に手を清めます。

2017年3月 京都御所へ



★IMG_0732●早咲きの桜を求めて歩いた後、京都御所へ。

桜も桃も、開花は未だ。八重の紅梅と、紅白梅を愛でました。
★IMG_0727●御所の紅梅

2017年3月 萌黄色の道行コート



■;;;

■P1270788■P1270862●■P1270748母の道行コート。久しぶりに着ました。冬は寒くて、カシミヤ100のコートに頼ってしまいます。なので、しばらく封印していたのですが、今年から復活。

自分で誂えた鶸色のきものと妙にあうので、うれしくなりました。

この日は「古渓忌」。暖色はふさわしくなかろうと迷いに迷って、鶸色の色無地(一つ文)を選んだのですが、しかしながら、大仙院のお茶会は堅苦しくなく、気楽な洋装の旅人も数人いました。とはいえ、朝いちばんのお席の前に法要が営まれので、色無地は参列にはふさわしい選択だったいえましょう。

鶸色も萌黄色も、満開の桜の中でこそ際立つ色。手入れの行き届いた大徳寺の中では、緑の中にすっかり融け込んでしまいました。

 

2017年3月 名残の梅@京都御所



★P1280318●新島襄記念館での講演を聴く前に、名残の梅を観に、京都御所へ。★P1280367●梅

半分くらい散っていたでしょうか。だからといって、桃は未だだし、でも、椿が美しく咲いていました。西園寺邸跡に。

この後、20代のときに誂えてもらった小紋に、梅の帯を締めてみました。微妙にブリブリして見えてしまいますが、講演会の後、★P1280488● 西園寺邸跡京紫のショールを纏って寺町通を歩いていたら、★P1280595 ●「いやあ、きれいな紫、素敵やね。よう似合うてるわ」と、京都弁で声をかけてもらいました。嬉しかったあ。

2017年3月 早咲きの桜



★IMG_0682●長徳寺早咲きの桜を探すなら、出町柳の長徳寺。カメラマニアの間では有名なのです。

吉田塾仲間の八木沢哲雄さんのご相伴にあずかり、桜狩りへ。★IMG_0689●長徳寺◆

朝9時に集合。カメラを向けていたのは、わずか6名ほど。よって、桜バックの写真が可能になりました。

実はこんなに咲いていると思わず、桜色の着物を纏ってしまった私。花の色と重なりそうで、しかし濃淡が面白くもあります。

このオカメ桜は、カンヒザクラとマメザクラの掛け合わせらしい。ボリュームがあるので、桜を目指して京都を訪れ、期待を裏切られた人々には、救いの女神とさえなり得ましょう。

2017年3月 伊勢神宮参拝 まずは二見から



★P1240247

 

★P1240263先人は、二見が浦で禊をし、お伊勢参りをしたといわれています。正しい参拝の順番は、まずは二見興玉神社、そして外宮です。

外宮内宮での御垣内参拝のために、紋付の色無地を選びました。

この日は風がとびきり強く、着物の裾も袖も、びゅんびゅん舞いあがりました。袴をはきたいと思ったほど。海に近いから余計です。手で押さえるのに必死。髪もぼさぼさです。★P1240149

★P1240426

 

 

 

 

 

★P1240348

 

 

2017年3月 杉本家の雛飾り



IMG_0326[1]

杉本家の雛飾り、公開最終日に駆け込み入場。

杉本家に代々伝わる明治時代の有職雛は「源氏枠」という吹き抜けの御殿飾り(写真上)。ほかにも歴代当主夫人の生家から贈られた享保雛や古今雛、立ち雛、市松人形など、時代もいろいろです。雛飾りは本来、内裏雛だけが基本で、三人官女や五人囃子は、後から加わったのだそうです。

IMG_0328[1]

さて、この日の装いは、ひいなの帯を20代に母が誂えてくれた小紋にあわせてみました。

ひいなの帯はずっと探し続け、昨年ようやく出会ったのです。内裏雛とともに鳩が描かれているのだから酉年にふさわしい――。などと勝手に決め、雛飾りを見て歩きました。着物は、先日の青の紬のほうがインパクトはありますね。少なくとも、現代的な印象にしあがります。

 

2017年3月 古渓忌の茶席へ



●P1270518 縮小●P1270488 縮小版
IMG_0263[1]IMG_0254[1]大徳寺大仙院へ。色無地に尾長鳥帯を締めて。纏っているのは母の道行コート。久しぶりです。

緑の草履は、ゑびすさんの帰りに、祇園ない藤さんで求めました。写真を撮影するのに、苔には触っていません。石の上に乗っています。

横からを見たくて、街中のガラスに映った姿を自撮りしています。

IMG_0268[1]

2017年3月 花灯路の石塀小路



高台寺あたり ダインサイズ料理屋前旅館前先日の吉田塾の後、花灯路の石塀小路を歩きました。この日が最終日。

東山花灯路は、八坂の塔から北へ、東山界隈の神社仏閣がライトアップされる春の行事です。なかでも路地行燈に照らされた石塀小路の風情は、なんとも幻想的で、人が少なければ、そこに身を置くだけで、とても幸せな気持ちに浸れます。

写真はすべて、塾仲間の八木沢哲雄さんにお願いしました。夜、人のいない隙を狙って撮るのは難儀で、感謝の気持ちでいっぱいです。

紅椿 花灯路石塀小路足元にご注目あれ。祇園ない藤さんのお草履のデビュー。緑と黄色のコンビなので、この帯なら合うと信じて。後ほど、草履そものをアップしますね。

撮影の後は、ぎおん楽楽へ。ご紹介頂いた女性客陣のコメントは、帯が変わっているから気になっていた、でした。随分前にアンティークのお店で購入。当時は、誕生石のペリドット色にこだわっていたため、目に入ったのだと思います。東大寺修二会のころに締めたくなる紅椿文。作り帯に加工してあるので、急いでいても、すぐに締められます。

書きながら気づきました。この帯にはペリドットの指輪が似合ったのに、すっかり忘れていました。