2018年1月 新年を寿ぐ神事体験



P1980527P1980532

昨秋、神明舎という大人の学び舎を立ち上げました。P1980764  ●P1980738P1980638

今年の私の講座は、ゲストを招いて日本の神髄について語り合うトークセッション Akio SatokoのA-Studio。初回は、上御霊神社小栗栖禰宜をゲストに神事のあと、神道の本質について語っていただきました。

直会の後は神明舎オーナーの富家大器さんの誕生祝、茶友吉田市蔵さんの退職祝で盛り上がり、すがすがしく、かつ温かい会となり、皆さまに感謝しております。

まだ早いかと思いつつ、梅文の訪問着に、稲穂の帯。
P1980755 1P1980791

2018年1月 小正月は餅花の帯で



IMG_6587IMG_6596 みかゆ神事 直会IMG_6602 小正月東京と違って、京都で松飾を外すのは、15日の小正月。旧暦では立春後の望月で、この日、多くの神社で御粥神事が斎行されます。小豆が邪気を払うと考えられ、伊勢神宮では9世紀の記録にも残っており、各家庭でも小豆粥を食べるのです。IMG_6604 羽子板帯留

小正月には餅花を飾り、豊作を祈ります。柳の木に飾る紅白の餅は、農耕神の予祝の花である桜の花、実った稲穂をあらわしているのです。

ゆえに、小豆色の着物に餅花の帯で神事に参列。直会では、お神酒の後に一口、御粥をいただきました。半紙の上に載せていただくので、水分はほとんどありません。

お昼は、りいぼんで。上賀茂神社参拝の折に、立ち寄る店です。

 

 

2018年1月 雪の月釜@金毛院



IMG_6539金毛院 IMG_6481 法然院の塔頭、金毛院の月釜。朝一番のお席に伺うつもりでした。

朝起きて、まさかの雪にびっくり。坂道を転ばないかとハラハラしつつ。くわえて、露地を歩くときも、滑るのでドキドキでした。 冬のお茶席で雪景色くらいのごちそうはありません。金毛院IMG_650

2018年1月 犬の帯で吉田塾へ



26855055_1479812895465046_308319560_o26937196_1479812708798398_486972733_oP1980370P1980195今年度最後の吉田塾へ。戌年を意識して、犬の帯。

町家は寒いので、途中から羽織を着用していました。あ、羽織にも戌は描かれています。

この後、書塾の書初めへ。床の上で書くので、洋服に着替えていきました。こういうときのために、袴が必要と思うこのごろ。

2018年1月 羽子板の帯留



IMG_6343IMG_6347弘道館の歴史講座に行く前に、六角堂に参拝。

小正月前なので、京都では未だ初春モード。羽子板の帯留を羽根駒の帯に載せてみました。

2018年1月 誉田屋山口源兵衛さんと



IMG_6305 誉田屋はつはる新年のこの時期、室町界隈の呉服商には、全国の小売店さんが集います。創業280年の誉田屋源兵衛さんは、今年格別のにぎわいを見せていました。

IMG_6305 トリミング室礼があまりに素敵だったので写真を撮らせていただいていると、来客との歓談が終わった社長が外出されようとしたので、記念撮影をお願いしました。社長がお召しになっているのは、奄美で作られた新作。私が纏っているコートは昨年の社長作。いまは製造されていない長浜ビロードで誂えていただきました。色もお任せ。昨年の私のイメージは、こんなんだったらしい。

ところで、「春夏冬 二升五合」 どういう読むのでしょうか。京都の商家ではよくみられる表現です。P1980123

2018年1月 早朝参拝



 

IMG_6250上賀茂神社の本殿入口に丹塗りの矢とタカラブネ。この光景はお正月のみ。境内の気は澄み渡り、抜けるような青空に、丹塗りの矢が映えていました。

色無地に若冲「雨龍図」の帯を締めています。

2018年1月 寒中托鉢を追いかけて



P1970272P1970253お正月の京都の風物詩のひとつ、寒中托鉢。とりわけ山伏に会うと、ついカメラを持って、追いかけたくなります。この日は、室町界隈の呉服屋さんを中心に。P1970340寒中托鉢 秋尾写りこんでいない写真、家にあります

戌と兎も描かれている長羽織。節分まで着られるでしょうか。長すぎて、新選組みたいと言われてしまいました。

2018年1月 初卯



初卯神事が1時間早まって、参列しそびれました。戌歳の初卯の日。戌と兎が描かれた羽織を着て。IMG_6219 初卯

2018年1月 十日えびす



P1970464

P1970503十日えびす。向かう道中は、屋台が出ていて、ついつい買い物をしたくなります。P1970666

P1970719

神社についてからは、まず旧い笹を返し、新たに福笹を3千円で購入して、鯛や宝船、ゴールドの小槌を買ってつけてもらいます。それを、玄関にかけるのですが、東京の酉の市みたいな位置づけでしょうか。

昨年は帰りに草履の「ない藤」さんのセールに寄ってしまった私。みなに、福を、ない藤さんに落としてきた。まっすぐに家に帰らなあかん、と言われたことが気になっていて、今年は直帰したのであります。

しかしながら、そのロジックからすると、タクシーに落としてきている気もして、歩いて帰れということなのかと悩むこのごろ。

ところで、ない藤さんの蔵出はどうしたかといえば、初日9日に訪れて、爆買いしてしまいました。またまた散財。あああ

帯は、昨年と同じ餅花文。福笹とシンクロさせているので、2017年2月を覗いてみてくださいね。寒くて、羽織脱いで撮影できなかったのでした。