5月末では、さすがに絽は早すぎる?

5月31日の今日、ある女性とお食事する機会を得て、ぜひとも和服を着たかった私。34℃という予報に、断念したのでした。どう考えても、単衣では汗だくになります。さりとて、5月に絽の着物というのは、京都では顰蹙を買いそう。6月なら許されそう。あと1日のことなのに・・・。

旧島津の FORTUNE GARDEN。ランチは美味でした。働いている男子も美形でびっくり。披露宴の後、お茶していた男子も皆、美形。日本男子の顔が変わってきたということでしょうか。

ご婚約、おめでとうございます

午前中に速報が飛び込んできて、驚きました。日本史にどんなインパクトを与えるのか、興味深い。15時から記者会見が開かれるようです。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140527/imp14052711410002-n1.htm

会見を見て・・・

遷宮が重なるとは、こういうことだったのですね。7年前に知り合ったそうですが、お待たせをした、プロポーズの言葉はなかった、という典子さまの発言から察するに、遷宮の翌年に周囲がセッティングしたということでしょうか。

2014年5月 法要の装い@御法川靖子さん三回忌

法要1 201405御法川靖子さん(みのもんた氏の奥さま)が旅立たれて、早いもので2年。一周忌には、花街のお姉さま方が和服でいらして、皆さん、とても素敵でした。みのさんは、ご夫妻で、祇園や赤坂や神楽坂の女将法要2 201405さんとも交流されたようですね。51枚の写真パネルが展示され、夫の名司会で進められる追悼の会からは、靖子さんの細やかな気遣いの痕跡と、夫婦の密度の濃い愛の日々が伝わってきます。
三回忌の今年は、私も背伸びしました。和服好きでいらした靖子さんに喜んでもらえるような気がして。
ホテルでの追悼の会に何を着るかは迷うもの。親戚でもないのに黒帯は重いので、淡いねずみ色に蓮文の名古屋帯を締めました。母の箪笥にあったのですが、合う帯締がなかったので、捜すのに苦労しました。バッグはアイボリーしか持ち合わせず、来年以降続く叔父、父、祖母の十三回忌までにグレーのバッグをみつけたいところ。

薬膳の会、「感じて漢字の世界」、トミー・バハマ・・・

薬膳の会201405今朝、一番驚いたニュースは、タイの戒厳令。時代錯誤とさえ思えてくるこの事態。いまさら軍のクーデータなのか。この国の歴史は、こればっかり。治安維持のためなら、いいけれど。

ニューオータニにて「薬膳の会」に出席。写真を撮り忘れ、思いだしたのが最後のお粥だけ。菊の花入り、超美味。

その後、TFMにて、アドバイザーを務める「感じて漢字の世界」の収録に立ち会う。

夜は銀座でワインを飲みながら打ち合わせ。その後、銀座のバーに連れて行かれたが、女性の私には面白くない。若いころはね、お姉さんに教わることもあって、面白かったけど。若い子ばっかりで、なんだかなあ。

途中、旧松坂屋の裏にトミー・バハマ東京店を発見。やっぱり日本では割高。でも、雰囲気はホノルルに近いものがある。バーもいい感じ。暑くなったら、また来よーっと。

 

2014年5月 鴨川をどりへ立涌のお召しで

鴨川をどり 歌舞練場前DSCN0760鴨川をどりDSCN0770五花街を比べてみようと、今度は鴨川をどりへ。ここは先斗町でも、三条大橋の近くです。
とても暑かったので、単衣のお召しです。赤黒の帯も含め、母のものと思われます。
チケットは飛び込みで2階席の2千円。お茶会に出る時間はありませんでしたし。
舞妓さん@鴨川をどり
鴨川をどり 歌舞練場内 お召し DSCN0753
ベテランが多いからでしょうか。舞台は安心して観ていられました。1階の客席には、京都にあふれる欧州からの観光客の姿が目立ちました。あとは日舞をなさっている風のお姉さま方。たまに、舞妓さんの姿もちらほら。
でも、劇場としては、宮川町より地味。売店もプログラムのみ。どこか旧東欧・ソ連の劇場を彷彿とさせます。

2014年5月 葵桂尽くし

御簾あおい今年の葵祭はあいにくの雨。御所と下鴨神社までは、時折のぱらつきだったものの、上賀茂神社では大降り。ただし、天皇の勅使が祭文を読み上げる「社頭の儀」の前にはピタっと止んだことに驚きました。そんなわけで、本殿祭では葵桂尽くしを披露できたものの、社頭の儀では、和装雨コートにビニールのポンチョという重武装となり、翌日に記録を撮りに出かけたのでした。勅使あおいIMG_0889
葵きもの
前半は報道席で撮影に奔走するため、 昨年の袋帯は止めて、葵桂文の名古屋帯を締めています。
葵 袖のみ

 

葵祭と呼ばれる理由

葵きもの勅使あおいIMG_0889葵 袖のみ葵 DSCN0778 御簾あおい葵祭のために昨年、誂えた葵文紗袷の着物に、今年は葵文の帯を締めました。あいにくの雨で和コートを纏い、ビニールのポンチョを被ったので、本殿祭のときくらいしか見せられなかったのが残念。そこで、翌日に上賀茂神社を訪れ、記録しました。雨天順延にしてくれたら、こんなにお天気だったのに。

 

人もみな かつらかざしてちはやぶる

神のみあれにあふひなりけり      ――紀貫之

本来は「賀茂祭」。「葵祭」と呼ばれる理由は、祭儀に関わる人々、社殿の御簾・牛車が二葉葵を挿し、飾るからなのです。昨年、御所の観覧席に集った人々はみな、葵文の和服姿でした。江戸時代、将軍家以外は禁じられた葵文。徳川家の家紋が三葉葵なのは、賀茂社とのご縁からです。

雨の葵祭@上賀茂神社2

斉王代IMG_0885勅使勅使IMG_091413時過ぎから降り続けた雨が突然、上がったのです。葵祭の本当の主役、天皇陛下の勅使が参進される段階で。これには驚きました。

まず、勅使が天皇陛下のご祭文を奏上。ご祭文とは、天皇陛下が国家繁栄・国民安泰を、賀茂の神に祈られるもの。宮司はそれを受け、ご幣物とともに本殿内陣に納めます。今度は勅使にご神意を伝えるため、宮司が祝詞を奏上。神のみしるしとして、勅旨に葵を授けるのです。

5月5日の競馬会でも、ずっと雨が降っていたのに、馬が走る段になって、雨が上がりました。これを神意という人もいます。

それにしても、今年の勅使は佇まいが美しい。歩くときだけでなく、腰掛けている姿も、背筋がぴっと伸びて、少し感動しました。宮内庁の方なのですが、所作がほかの方とは違いました。

この後、馬が走ります。