香港デモ

香港のデモ、ここまで大きくなると、背後にどんな勢力がいるか気になります。組織する勢力、資金提供しているグループなどを観ようとする姿勢が必要です。今後、香港の役割が変わっていくであろうプロセスの混乱のように思えます。

2014年9月 狂言鑑賞、お茶会へ 貝紫づくしで

IMG_1156IMG_11459月の最終日曜日。お世話になった方の狂言発表会を観に、金剛能楽堂へ。その後、二条駅から亀岡へ。楽楽荘での「茶狂会」に出るためです。夜は地鶏と松茸のすき焼き。
暑い。日差しが強い。サングラスなしで歩けない。単衣でいいのですが、何枚もあるというのに、、ほとんどの袖が五寸丈。五寸といえば、くもの巣文の絽の襦袢。夜は涼しいからと、迂闊にも手入れに出してしまった。わー、三寸を着るしかない
皇帝だけに許されたロイヤル・パープル。その皇帝紫の研究家で知られる吉岡常雄さん直筆の、皇帝紫を使った帯です。。染司・吉岡幸雄さんのお父上です。着物は青山みともさんの貝紫の紬。単衣仕立てです。袱紗も「よしおか」製、紫紺染です。お高いです。
実は、吉岡幸雄先生が菊池寛賞を受賞されたとき、式典にこの帯を締めていきたかったのですが、合う着物IMG_1155IMG_1116IMG_1117IMG_1128IMG_1163がこれしかなく、単衣なので断念した経験があります。だって、授賞式、12月だったんですもの。そんな時に備えて、八掛をつけて、人形仕立てにしようかな、とも思っています。5月6月には単衣のお召しを着てしまう私は、この着物を9月下旬から10月初頭にしか着ていないのです。だったら、いっそ冬でも着られるように、と考えているわけです。
写真は、陶芸家でもあるご亭主のアイデアで立礼用に設計されたもの。東京の高層マンションで暮らす外国人が部屋に置きたくなりそう。バックの屏風は、日本画家のお父さまの作品。28歳のときに描いたコンドル図屏風「飛翔」(第8回日展入選作)だとか。お菓子の栗も、ご亭主の平金氏自らが拾われ、白餡と練って下さったとか。軸は楽楽荘所蔵の狩野探幽による富士。点前座にはご亭主作の井戸茶碗と喜三郎の「老茄子茶器」。そうです。一富士 二鷹 三なすび・・・。お花は楽楽荘ご主人の中田智さんが生けられました。

茶狂会@楽楽荘

昨日は9月の最終日曜日。お世話になった方の狂言発表会を観に、金剛能楽堂へ。その後、二条駅から亀岡へ。楽楽荘での「茶狂会」に出るためです。夜は地鶏と松茸のすき焼き。

暑い。日差しが強い。サングラスなしで歩けない。単衣は何枚もあるというのに、、ほとんどの袖が五寸丈。五寸といえば、くもの巣文。あ、でも、手入れに出すつもりで、半襟をはずしてしまった。わ、三寸を着るしかない!

というわけで、貝紫の紬に、吉岡常雄さんにより帝王紫の帯を着たのです。興味のある方は、KIMONOをクリックして、写真チェックをしてみてください。

IMG_1116IMG_1117IMG_1128IMG_1163

左の写真は、陶芸家でもあるご亭主のアイデアで立礼用に設計されたもの。東京の高層マンションで暮らす外国人が部屋に置きたくなりそう。バックの屏風は、日本画家のお父さまの作品。28歳のときに描いたコンドル図屏風「飛翔」(第8回日展入選作)だとか。お菓子の栗も、ご亭主の平金氏自らが拾われ、白餡と練って下さったとか。軸は楽楽荘所蔵の狩野探幽による富士。点前座にはご亭主作の井戸茶碗と喜三郎の「老茄子茶器」。そうです。一富士 二鷹 三なすび・・・。お花は楽楽荘ご主人の中田智さんが生けられました。

山は神さまだった

ついに、木曽の御嶽山の噴火してしまいました。現地の方々の無事をお祈りするとともに、日本列島の地下の異変に注目、ある種の覚悟を決めました。

日本国内はもちろん、以前から指摘している環太平洋地震地帯の国々、それと朝鮮半島も要注意。自然への畏怖の念を忘れては駄目です。

先人は、山を神さまと崇め、恐れていました。近代化の流れで、特に都会で暮らす人間はそれを忘れているように思えます。もう一度、謙虚な気持ちを。

萩に宿るモンキチョウ

 

IMG_0342 萩と蝶写真は、先日の彼岸花を撮影したのと同じ日、上賀茂神社の境内でみつけた萩の花。モンキチョウが3匹、ひらひらと花々を巡るのですが、風で枝が揺れるため、ピントを合わせるのが難しかったー。

 

友、郊外より来る。その前にコレクション準備

朝はユキ・トリイでコレクションに着ていく服を試着。サイズに問題あれば、この段階で直さないと間に合わないからだ。

歯医者に寄り、カラリングに訪れた美容院で、久しぶりに友人に会う。私がみつけた美容院に彼女も通っているのである。私のとってのベストフレンドなのに、いつも電話で会話するのみ。少しレイジーな彼女は、都心に出てくるのが億劫らしい。京都のほうが遠方だと思うのだが。

お酒を飲むには早過ぎると言いつつ、宮崎の食材を扱う店に入って、からだにいいものを食す。結構、満足。

電話では、あんなに話すのに、いざ会うと、静か。1軒目は他に客がいなくて静かすぎ。2軒目では、リタイア組のおじさまたちが隣にすわり、うるさくて閉口したのだ。お酒飲んで大声で会話するのは、若者だけではなかった。耳にてをあてないと、彼女の声が聞こえないほど。

 

墓参

今日は墓参。両親は東京郊外に眠っています。車を持たない私は、小田急線に揺られ、駅から送迎バス、もしくはタクシーで行かねばなりません。都心と違って、タクシーが少なくて困ります。30分近く駅周辺で待つはめに。

駅に着いたときには晴れていたのに、途中、風が台風モードになってきました。せっかく掃除をしても、落ち葉は舞ってくるし、なんだかなあ。

雨が降り出すまでの短い時間なれど、ビールとつまみとおにぎりとお饅頭をそなえて、両親に感謝。

 

彼岸花

 

IMG_9805 IMG_9816IMG_9823秋分の日でもあり、お彼岸の中日の今日、京都では墓参の人々の姿が目立ちました。写真は先週、上賀茂神社の駐車場でみつけた曼珠沙華manjusaka。
皇居のまわりの緑の中に燃えるように赤く咲いているのを見かけた記憶があります

とりあえず落着

「落ちこぼれ書塾生」の私でも、書展前には作品作りのため書に集中せねばなりません。今日ようやく解放され、今度は資料と原稿に向かう日々。秋晴れの散歩日和だというのに室内にひきこもり。えーん。・・・それにしても、書はエネルギーを使います。肩も腰も首もコチコチに懲りかたまっています。