2018年2月 マイコさん、舞妓さんに会う

福生からマイコさんがやってきた。そういうときは、ぎおん楽楽にお誘いするのです。
マイコさんと知り合ったのは、横須賀の米軍基地でした。そのころは未だ、『ワシントンハイツ』を書くなどと想像もつかず、そう、四半世紀も前のことです。彼女のご主人は、ペンタゴンの教育者。在日の米兵の教育を担っていたのです。
帰ろうとして花見小路を上がったら、きゃ、久しぶりやねえ。先日四条通でスッピン状態で声をかけてくれた舞妓さん。一緒に写真を撮ろうとしたら、「外国人だかり」になっていまいました。
IMG_7887■ IMG_7889■ IMG_7915■

2018年2月

IMG_7699昨日は、初心にかえって、とあるお茶室へ。この着物、顔うつりがいいので、セールで反物を買ったのですが、描かれている花が何なのか、わかりません。帯は帝王紫で描かれています。
この後、京都アスニー、文化博物館で映画「祇園祭」を観て、疲れ果てました。超大物俳優たちがチョイ役で出ているパロディ感だけでなく、祇園祭の描き方が間違っているので、うーん、なんだかなあ
IMG_7711

2018年2月 おひなさまを神明舎に飾りました

昭和9年製造の、母と私の雛飾り。京都のマンションは、きものと資料が増えてきたため手狭になり、神明舎に飾ることにしました。
この大島は小さいので、母の若いころのものと思われます。帯は、青山みともさんが銀座にあったころに購入したもの。

2018年2月 紀元節はヤタガラスの帯で

IMG_7514建国記念日はヤタガラスの帯で上賀茂神社に参列。神武天皇東征の際に、賀茂建角身命(上賀茂神社のご祭神、賀茂別雷神の祖父)がヤタガラスに化けて先導したとの言い伝えを踏まえて。
その意味を理解している神職さん、伶人さんが帯に注目して、神事のあと、しばし話題に(写真右)。P2000036-コピー-300x200
昨年、寒色系の着物の上から締めたところ、喪服に見えてしまったので、今年は朱色の着物で。紋が間に合っていないので、夏の間に入れるつもり。おそらく縫い紋で。
この日、子供たちの剣道柔道、そして蹴鞠保存会により蹴鞠が奉納されました。私はこの後、金毛院、そして吉田家へ。
この日、おみくじを引くには理由があります。数年前、この日に琵琶湖畔で熊を食し、京都に戻ってから参拝。おみくじをひいたら凶が出たのです。熊=神説があり、深く反省しました。なぜって、上賀茂で凶が出たの、初めてだったから。IMG_7547
朝から神事に参列した今年、おみくじを引いてみると、大吉が出て、ほっとしている春隣。洛北らしく時雨てはいたのですが、さほど寒くはなく、春隣という表現がぴったりでした。