進化し続ける男

関東の皆さま、ぜひ #日本橋三越 へ。
日展文部科学大臣賞受賞記念・#第十一代大樋長左衛門 展 は17日月曜日まで。
「進化しない男は嫌いだ!」と息巻いていた40代。「君は男に対して厳しすぎる」とよく言われるのですが、当時は特に、前例踏襲主義の官僚やメディア関係者、サラリーマンに苛立っていました。
そんな中、「#大樋年雄」 は「進化する男」として輝いていた友人の一人。そして今回の個展で、20年を経てもなお!進化し続けていることを私は確信したのでした。茶入も、木葉天目も富士山の茶碗も、気になるものは約定済みでしたが、刺激をいっぱい受けるので、ぜひいらしてね。
【追記】
彼の進化の陰には妻の存在があるのです。彼にとって最大の理解者にして、私にとって最高に眩しい存在。この日も素敵な和服姿でお迎えくださったのですが、私は仕事モードの洋服で訪れたので並ぶのが恥ずかしく、別の機会に和服で2ショットをお願いするつもり。

虎のマスクで神農祭へ

一部FB友の間で流行りの?車内自撮りに挑戦。マスクのベージュの部分が虎です。ケイタ・マルヤマ製。
最近になって、誕生日が「寅の日」であったと知った私は、大阪の神農祭へ。初参拝の神農神社は製薬会社が密集する地域にある神社で、御祭神は神農炎帝と少名彦さん。23日9時半に到着した時はすでに前年の笹を持った人びとによる列ができていて、びっくり。
その光景は、十日ゑびすに似ています。でも笹についているのは張り子の虎一頭。文政5年コレラ流行鎮静化の為、薬と共に張り子の虎を授与したところ疫病が鎮静化したことが由来だとか。
来年は寅歳ゆえ、私は社務所で金の虎と金の笹を求めました。黄色の虎柄御朱印帳袋も購入。折しも10時から始まった神事を本殿前で拝見。おみくじ引いて退散しようとしたところ、境内の外に出て、またまた驚き。長蛇の列は、コロナ前の祇園祭で長刀鉾粽を求める列に酷似。ワンブロックぐるりと囲むほどの長さになっていたのでした。早起きして正解!
その後、私は京都に引き返し、車折神社の火焚祭、京都御所の一般公開最終日に駆け込み、白雲神社に参拝。さすがに疲れました。
あれ? 新嘗祭はどうしたの? はい。私は一足先に上賀茂神社の相嘗祭に参列して新穀の白酒(しろき)を頂き、すでに感謝を捧げておりました。

最高の「きんとん」は、できたて太宰府藤丸製

これまでの人生で一番の「きんとん」。水屋で作られた、できたてだから本当に美味。それもそのはず、亭主が太宰府の藤丸さんだから。向かって左から2人目がご主人です。コンセプトは、道真公が京都北野天満宮へ里帰り。

里帰りというかぎりは、太宰府に流された菅原道真公が京都へ、というところにつながるわけです。背景の軸は、太宰府天満宮の前宮司が道真の歌を書いたものらしい。

私が太宰府天満宮を参拝下のは令和元年5月1日。前夜は唐津でのお茶会に出て平成に別れを告げ、翌朝は跡見茶会のあと、太宰府天満宮に参拝したのでした。

緙室SEN

室senがうめだ阪急でフェアをされるというので、大阪へ。私のわがままを聞き入れ、ゴールドのバッグを作ってくれたデザイナーの千原啓子さんと記念撮影。

鯖を喰らう女

コロナ禍で、ランチのみ外食を続けている。お昼にガッツリ魚や鶏肉を食べ、夜は家であっさり。知り合いのお店もお酒を出せないので、ランチのみの営業が増えたからだ。

もう一つの理由は、飲食店の火力にある。鯖を焼くのも、チキンを焼くのも、家のキッチンでは時間がかかる上、家中に匂いが蔓延してしまう。だから、焼き物は外で食べる。これは以前から続けてきたことだ。

ふと気づくと、週に一度は焼鯖定食。おかげで、「いつもありがとうございます」というセリフが飛び出す。こちらはコロナ禍まで訪れたことがなかった。三条通りのまんざら亭だ。脂ののった鯖が半身、ものすごい火力で焼かれて目の前に出される。突き出しが色々着いてくるのも嬉しい。ひじきを煮るのもごぼうを炊くのも簡単だが、一人だと食べきれない。冬ならまだしも、夏は日持ちがしない。ゆえに、こうして数種食べられるのがありがたいのだ。

一人で訪れるのでいつもカウンターにしていたが、今日は窓際のボックス席に座らせてもらった。窓からは京都文化博物館別館が見える。明治時代、辰野金吾が設計したレンガ造りが青空に映えて美しい。早起きして拝んだ東山のご来光が、この青空を予言していた。

 

禁酒法時代?のバースデー

本日、無事に誕生日を迎えることができました。これまで支えてくださった方々に感謝です。お祝いメッセージ、ありがとうございました。少しずつお返事申し上げます。
今年の誕生日は特別でした。早逝した母の年齢を超えられるか、この1年、恐怖の中にいたからです。これで仕事に邁進できます。老後に備えて、浪費も控えます。
それにしても、かくも記念すべき日に、素敵なバーにて乾杯もできないなんて、禁酒法時代のアメリカみたいです。美味しいケーキのお店も1800で終わるゆえ、世相を反映してスタバで祝っていただきました。
マスクとパンツ・スーツは、ケイタマルヤマ。写真家の安珠さんが、このドラゴン・モチーフのマスクをしていたことがきっかけで、20年ぶりにケイタ・ワールドへ。エイジアン・テイストのこの服で、アジア諸国を訪れる日が早々に来ることを祈りつつ。バッグは、この日の記念に誂えました。世界で唯一無二。作家さんについては、改めてご紹介しますね。

 

父の日ギフト クラフトエックス

もうすぐ父の日。素敵なギフトセットをみつけました。
「CRAFT X」。牡蠣とカシューナッツ付。いい感じでしょ。

めっきり、お酒に弱くなった昨今の私。が、夏のビールは、はずせません。選べるなら、ベルギー系、柑橘風味が好み。だから、どストライクなんです、このセット。

アメリカでリサーチしていた頃、米国公文書館から帰宅後の家飲みビールはBlueMoonと決めていました。ワシントンDCに着くとオーガニックのスーパーTrader Joes で6本入りを買い込んで、ステイ先の冷蔵庫へ入れるのが最初の仕事でした。最近では、日向夏の生ビールを出すお店を東京でみつけて通ったものです。もちろん、コロナの前の話ですが。

黄色いラベルのサンセット・ライムエールは実に美味。宮崎の珍しい柑橘、平兵衛酢(へべす)を使っているらしい。久しぶりに美味しい柑橘系を口にして幸せです。ギフトでなくても、試してみるべし。父の日ギフトは土曜日朝までに申し込み。詳細は、こちらへ https://www.craft-x-beer.com/

葉菖蒲にこだわっていたら、アイリスに出会った

晴海にある鳥居ユキさんのアトリエへ。久しぶりのサンプルセール。密になるからと、売る側も買う側も、みんな我慢していたんだよね。その分、たくさんのアイリス柄に会えて幸せです。きっと葉菖蒲にこだわってコラム書いたからだよね。

URLはこちら https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82458

左の写真はコレクションにて。商品化された白地にピンクのワンピを購入していたのですが、サンプルで黒地をみつけて大興奮。ピンクと紫と黄色の花菖蒲(アイリス)が加わって、テンションあがりました。6月いっぱいは着られるので、後ほどお写真をアップしますね

京都御苑のウグイス

京都御苑にある白雲神社に参拝。訪れるたびに、鴬が上手に鳴けるようになっていくのも楽しみのひとつ。神社の周囲には、数羽いるらしく、そこかしこから声が届く。微妙に声の高さが違うのも面白い。

定番のホーホケキョは1か月前から。今日はケキョケキョという別バージョンが聞かれた。警戒されたのかしら、私。いやいや、鴬は高いところにいて私から遠いのに、なぜ?

御池通りを歩きながら、ついランチを食べたくなり、進々堂へ。ずっと前を通っていたのに、ランチは今日が初めて。具だくさんパスタを選ぶ。一人でいろいろな野菜を摂るのは高くつくので、こういう時にバランスよく。パンをつけるところが、進々堂。