中村哲さんのご冥福をお祈りいたします

写真を探すのに時間を要したので、いまごろの投稿をお許しください。

私が中村医師にお目にかかったのは2000年秋、第12回アジア・太平洋賞の表彰式会場でした。大賞はアメリカ人に持っていかれましたが、特別賞を日本人3名が受賞しております。

このときのご縁を生かしてアフガンを訪れたなかったこと、いま悔いています。ぶれることなくアフガンのために尽力された先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

共著本『渋谷の秘密』、売れているようです

値段が高いし、共著本なので、本屋で見てくださるだけで十分ですが、渋谷界隈で売れているようです。おそらく経費で落ちる人々が主だと思うのですが、この装丁も目を引くらしい。

私としては、新潮文庫の『ワシントンハイツ』を読んでほしいので、869円のそちらを、ぜひ購入してくださいね。一般教養として役に立ちます。

天満橋、そして北浜へ

久々の大阪。天満橋で船場の歳時記について学んだ後、北浜にあるフレンチレストランへ。窓から見える光景は銀座の裏通りみたいで、ちょっと懐かしい。クリスマスのせいもあって、街の煌めきも大都会の風格十分。90年代から思うと、変わった。いや、東京に替わる首都としての顔を持ちつつあると改めて思います。

日本の伝統を軸に大阪を見ていくと、面白いことたくさんありますね。京都だけでなく、奈良や大阪に学びを広げて、日本の伝統文化を見極めていきたいと感じた貴重な午後でした。そんなテーマの講座だったので、露骨なクリスマス帯は締めず、葵ながらも赤と緑が入ったものを締めて行ったのでした。草履は、ぎおん内藤の赤。

 

 

2019年12月 大嘗宮へ、稲穂の帯で

公開された大嘗宮へ。造営中より、ずっと近くに寄れたのはいいのですが。

人、人、人・・・。ものすごい渋滞。写真を撮るため人々が去ったあとの最後を狙ったのですが、いやあ、警備の人たちもムキになって咳立ててくるの、びっくりですよ。「おひとり様一枚ですよ」の連呼の中、どうにかカメラに収めた写真をアップしています。鳥居の前で撮影することは、人が写り込みすぎていて、ほぼ不可能でした。

初日2万人との情報に、そのころ誘った人たち皆に断られ、やがて雨が続き、一旦京都に戻ったら、なんと、この日は6万人に。

稲穂の帯を締めたかったのですが、午後は雲が出てきてしまったので、うーん、着物だけでも空色にしたらよかったかなあ、と後悔。

 

 

 

 

2019年12月 南座顔見世、祇園甲部総見

歌舞伎を観るなら、千穐楽が一番。開けてすぐは役者の芝居もまだこなれていない。終わりに向けて、どんどんよくなるのと、役者の妻たちも正装でロビーにいたりするので、劇場が華やぎ、彼女たちの着こなしを拝見するのも勉強になるのです。

しかしながら、南座の顔見世だけは別。花街の総見に遭遇できれば、客席も華やぐというもの。今年は4日、祇園甲部の総見を狙いました。この後、6日には上七軒、9日には祇園東と続きます。

総見とは、芸舞妓が自分の芸を磨く意味も含め、花街ごとに両脇の特別席に座って観劇すること。その様子はカメラに収めたので、あらためてアップしますね。

私の着物は、黒地の源氏香文の小紋。帯は、二葉葵モチーフの和なれど、赤と緑のクリスマスカラーを身にまといました。

 

奈良平城宮・第⼀次⼤極殿院南⾨⾒学

良の平城京跡歴史公園へ。

明日の京都文化遺産プラットフォーム企画設営委員の面々で、平城宮第⼀次⼤極殿院南⾨、復原工事現場を見学するためです

この「第一次大極殿」の文字、「第一次大戦」を連想してしまう私って、職業病かしらん。

外に出ると、朱雀門の裏手のススキが金色に輝き、夕景がなんとも美しく、朱雀門前で記念撮影を試みました。右端、お掃除のおじさんのシルエットのせいもあって、中国にいるような不思議な感じ。

ところで、暖かいからと選んだ鳥居ユキさんデザインの金華山パンツスーツは、光によって色がオレンジが際立ち、朱雀門の柱と化してしまいました。あ、中にユニクロのウルトラライトダウンを着ているので、ちょっとぶくぶくですね。

 

『渋谷の秘密』が店頭に並びました

れまで出版物は単著のみでしたが、初の共著本が出版されました。『渋谷の秘密』です。私はワシントンハイツと渋谷の関係を書いています。

渋谷が大きく変わりつつある今、渋谷を色々な角度から深堀している本です。再び大人の街として生まれ変わるのかどうか。本屋さんでのぞいてくださいね。

 

中国茶を学ぶ@好日居

好日居で開かれている中国茶のお教室へ。いろいろな茶葉を愉しめて、感激。この日は和服にせず、YUKI TORIIのパッチワーク柄で。事前に室内の写真をwebでチェックしたら、この服がふさわしそうだったのでした。味わったお茶の詳細は、のちほどアップしますね。

2019年11月 大嘗祭直後、稲穂の帯で参拝

ずっと参拝したいと思っていた神社へ。京都から遠いので、ずっと諦めていましたが、御代替わりの今年こそはと歩を運んだ次第。

大嘗祭の直後ゆえ、地紋が竹の色無地に稲穂の帯を締めています。

社務所で寄進させいただいたところ、「青は、ここの神さまの色ですよ」と宮司夫人に言われ、嬉しくなりました。