2017年11月 桂離宮



★IMG_3146 桂離宮月曜日が休みと知らず、早朝に並ぼうと桂離宮に向かったアホな私です。

実は2日前に中に入っているのですが、雨が強くて、洋服だったのです。よって、ロケハンと位置づけ、再び訪れた次第。

9時に手入れが始まったものの、しかし、早朝に並ぶ一般客はいないため、外から見える紅葉を存分に楽しめました。
この日の装いは母の訪問着。自然の中では幾何学文様が強烈すぎるかも。

2017年11月 無鄰菴へ



P1940392●京大病院に検査結果を聞きに行った後、無鄰菴へ。南禅寺界隈別荘群のひとつ。

東山を借景に作られた庭を撮影したかったのに、中に入って、びっくり。庭師さんたちが手入れをしているではありませんか。受付で何も言われなかった。こんなの、ひどい。

美しい庭は手入れあって保たれるもの。だからといって、客がいるときに道具散らかして景色乱して、なんだかなあ。桂離宮は休みの日に集中させているのですよ。なのに、京都市管理下の無鄰菴、ちょっと雑じゃあ、ないかしらん。せめて入館前に受付で告知するとか、手入れ日は割引価格にするとか、配慮が欲しいですよねえ。P1940421

というわけで、紅く染まった借景の庭撮影は泣く泣く諦めかけたところに、今度は観光客が数十人単位でやってくる始末。あーあ、最悪。お見せできるのは、団体客に襲われる直前の、縁側に佇む姿のみでございます。

P1940417

などとブツブツ思って外に出てみると、すばらしいサプライズが待っていました。な、なんと、小川勝章さんが佇んでいるではありませんか。無鄰菴の作庭をした七代目小川治平の末裔です。先日、「明日の京都文化遺産プラットフォーム」フォーラム「古都の借景」のパネルディスカッションでご一緒したばかりの、その小川さんに、無鄰菴の前で遭遇できるなんて――。

こんな偶然って、ちょっと素敵。なので、強引に記念撮影させてもらいました。小川さん、ありがとう。

 

 

2017年11月 真如堂へ



P1930598●東山にある真如堂。正式には鈴聲山れいしょうざん 真正極楽寺しんしょうごくらくじというのだそうです。天台宗。周辺には、黒谷さん、永観堂、南禅寺があります。P1930560●

お茶会の後、立ち寄ったので、地味な装いです。

 

2017年11月 高山寺へ鳥獣戯画の帯で



P1930405●P1930428●

神護寺は色づいていると聞いて、焦って向かったのが高山寺。鳥獣戯画の帯を締めて訪れたかったのです。

しかし、早すぎましたねえ。同じエリアでも、神護寺より遅いらしい。鳥獣戯画レプリカ展示の横で撮影を試みましたが、お庭が寂しすぎました。

2017年11月 上賀茂神社の相嘗祭へ、稲穂の帯で



 

P1920679●P1920764●今年も相嘗祭(あいなめさい)に参列しました。この日は陽射しが強く、照葉も水面も例年にも増して眩しく、神事の後はより一層、境内の気が澄み渡って、右のような写真になりました。

相嘗祭とは古代、神嘗祭に次いで新嘗祭の前に、天皇がとくに信仰される近畿を中心とした71座の神々に新穀と新酒を奉った祭儀です。いまでも続いている神社はほとんど無く、上賀茂神社は貴重な存在。直会(なおらい)も、白酒(しろき)でした。

P1920805●今年はもちろん、稲穂の帯。このために探しあてた帯ですから。神職さんも、すぐに反応してくれました。きものは、上賀茂神社の神紋である二葉葵を意識して、葵文の辻が花。

この帯を締めて、早く伊勢神宮に参拝したいなあ。

追伸:左下の写真、左半分は地面ですが、右半分は水面。

 

2017年11月 吉田塾の後、国宝展へ



P1920362

P1920344

吉田塾で、小袖の講座。紫の着物には藤と牡丹が刺繍されている。中には、うっすらと真綿。萌黄色は藍を使って出すのだが、白い部分は糊で伏せ、雪景色を描いている。吉田先生によれば、芝垣と黒木の鳥居から、テーマは「野宮」、きっと「源氏物語」がお好みなのだろう。お召し物からそう推察するのが、当時の上流階級のセンス。そう、お金だけ持って偉そうにしている現代の富裕層とは違うのです。

懇親会には参加せず、国宝展三期最終日へ駆け込み。金印に並ぶことは選ばず、後ろから観て、扇面法華経と平家納経をじっくりと観賞。

一期はご招待の方のお相伴にあずかり、二期は土曜日18時半に入館。混んでいる展覧会のコツは、金土の夜。20時まで開いているので、18時半から19時に滑り込むのが賢明なのです。

とらりんと写真を撮るなどというミーハーなこと、恥ずかしいと敬遠してきたのですが、バッタリ遭遇したので、塾仲間の大沼さんに撮影してもらいました。わ、化粧薄すぎて、帰宅してから大いに反省。

帯は南天文。早いかなあと思いつつ、しかし、あちこちで紅葉に隠れて色づいている南天の実をはっけんするにつけ、自ら纏いたくなったのでした。

そして、最後に訪れたのは、都の祭研究会の展覧会。吉田塾仲間の中野カメラマンの作品を観るためでしたが、私が姉小路と綾小路を間違えていたため、搬出作業に取り掛かっている最中、無理矢理見せて頂いたのでした。

国宝展IMG_2631 (2)国宝展IMG_2631 (1)

2017年11月 御寺 泉湧寺



P1920205●P1920270●泉湧寺本坊。特別公開で初めて中に入り、歴代天皇のご位牌に手合わせしました。撮影禁止なので、写真はありませぬが。

P1920196●菊の手水鉢に注目あれ。私の向こうの建物の中にお位牌が祀られているのですが、日ごろは、この敷地から拝むしかないのです。

それにしても、本坊庭の紅葉の美しいこと。気が澄んでいて、ありがたい気持ちになります。P1920193●

 

 

2017年11月 松花堂庭園へ



●P1910439●P1910429●P1910627●P1910603P1910531●●P1910629P1910582●

2017年11月 法然院 金毛院



P1910872●P1910996法然院の塔頭、金毛院の月釜へ。

少しだけ、色づいていました。

2017 年11月9日 朝活@平安神宮界隈



IMG_2488 朝活IMG_2490 朝活

茶友が岡崎での朝活を呼びかけたので、即、名乗りを上げて、参加しました。早朝に外で頂くお茶の美味なこと。しあわせなひととき。

平安神宮の一の鳥居が私の背後に見えるロケーション。ロームシアターのすぐ近くです。

IMG_2492 朝活

アイフォンで写真に収めてくださった男性含めての野点。何してはんのやろ、仲間に入りたいなあ、というオーラとともに、朝散歩の熟男熟女が、いぶかしそうに私たちを覗いていきました。

帯はリバーシブルの刺繍帯。前には紅葉、お太鼓はザクロ。

ちなみに、今日はベルリンの壁崩壊から28年。日本は平和だと、つくづく思います。